試聴する

愛をウタウ時

この曲の表示回数 4,180
歌手:

nangi


作詞:

nangi


作曲:

nangi


僕が帰り道の星空を眺める頃、君が泣き疲れて眠った。
二人はいつだって支えあえてると思っていたけど。

玄関で君からのメールにやっと気付く。
慌てたけれど、返すコトバが見つからないよ。

伝わらなかった想いは、君と僕を引き裂いていく。
当たり前に繋いでいた右手が迷う。
こんな時だからこそもっと強く、愛を唄ってる。
誰にも負けぬ声で。

どうも上手く行かない、なんて頭抱えるのは、君の一言が気になってるから。
「なんか最近一人で居るのにも慣れて来た」なんて。

ヒトゴミにのまれて消えてく君の背中に、
叫んだけれど街のノイズに負けてしまうよ。

すれ違いあった二人は、焦る程に壊れていく。
君を失うと感じた瞬間に、溢れ出した。
いつの間にか聞こえなくなっていた、愛のうた、唄う。
見失わない様に。

君から教えてもらった愛のうた。
今日は君の知らない僕の気持ちを聞いておくれ。

伝わらなかった想いは、君と僕を引き裂いていく。
当たり前に繋いでいた右手が迷う。
こんな時だからこそもっと強く、愛を唄ってる。
誰にも負けぬ声で。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛をウタウ時 歌手:nangi

nangiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP