崎山蒼志作詞の歌詞一覧リスト  65曲中 1-65曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
65曲中 1-65曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
抱きしめて花譜×崎山蒼志花譜×崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志解いては 結んでる 気持ちはいつもの事だから  目配せも しないけど 時々壊れてしまうんだ ああ、  (暗い暗いシューティングゲームの画面みたいな)  大丈夫っていう君の声が 愛しくてたまらないから 僕は君に今すぐ会いたいのさ  抱きしめておくれよ 君となら 何処か違う星だって 今も溢れるこの想いが 意味を超えては 駆け巡るんだ  声に声に声に出して 歌うのさ 話したいのさ  笑っては 泣いている 繰り返す度気付いてく 君もまた ひとりきり 眠れない夜を過ごしてるのかい?  (暗い暗い並木通りで見た星座)  苦しいよって聞こえたのは 僕もまたそれを知ったからで 君といればいるほど 見えてくるようだ  抱きしめておくれよ 君となら 何処か違う星だって 今も溢れるこの想いが 意味を超えては 駆け巡る 日々を 伝うこの温度 何処か 悲しい時だって 今も溢れるこの想いが 意味を超えては 駆け巡るんだ 声に声に声に出して 歌うのさ 話したいのさ
違和感の向こうで崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志手放せない後悔の分だけ 今日は変わらないままでいた ただ、違和感の向こうの眼差し ただ、違和感の向こうの抱擁  もしも 僕が窓を開ける時は 側にいてね 夜は 黒く澄んで 耐えきれない 情報ばっか、光るから  知っていた、仕方のない事 呆然と、立ち尽くす姿は いつかの彼らと重なる 知っていた、どうしようもない事 呆然と、淀めきに素肌を 預ける温度 昼の陰りと雨の跡  ただ違和感の向こうで 君と涙拭き合えていたなら それが僕たちの可能性 愛しさに包まって それだけで良かった  ゴールが 決まってない 僕たちの道、儚い記憶 次の扉 開く頃に 気づく事が、多すぎてしまうな  知っていた、仕方のない事 呆然と、立ち尽くす姿を 通り去るバスだけが見てる 葛藤をしたまま水のように 居たいな、透き通る温度で 夜風と碧く 言い切らないまま 新しい視界で  ただ違和感の向こうで 君と涙拭き合えていたなら それが僕たちの可能性 愛しさに包まって それだけで良かった そっか 僕たちは未確定 何度でも変わって 出会ってゆけるだろうから 春の滲む頃に、またね まっすぐな抱擁 受け取った朝日が  綺麗ね
しょうもない夜崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志ねぇ、人は受け入れる寂しさと いつもどうやって過ごすの ねぇ、人は受け入れる悲しみを いつもどうやって隠すの  なんでよ 雪崩れ込むニュースを 喧騒は悟って いるかの様 回るよ 絶えず潤む街灯 愚痴も白く上がっていくよ 躍る都会僕は悲しい  今心模様、乱されていく色 今心模様、乱されていく  しょうもない棘 しょうもない針 しょうもない夜 しょうもない明日  爆発する僕の星 街は、彩飾の溶けた香り 熱いコーヒー、頬の冷たさに 最初から居ないみたい 蔓延る常識とやらに ただひとり絡まっているんだよ 記憶に咲く、季節の花は 何故そんなに、燦然と輝くの  迂回路 悴む指先と 桜も眠った 並木道急ぐの 頭上にサテラあイト もう会えなくなった人  荒む社会 澄みゆく君だけに  今心模様、満たされてく色 今心模様、満たされていく、  しょうもない棘 しょうもない針 しょうもない夜 しょうもない明日  ねぇ、人は受け入れる寂しさと いつもどうやって過ごすの ねぇ、人は受け入れる悲しみを いつもどうやって隠すの ねぇ、人は受け入れる悲しみを いつもどうやって隠すの
i 触れる SAD UFO崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志赤ん坊 赤ん坊になって 泣き声 泣き声あげて ここですよ ここに居ますよって 乳母車で畦道に乗り込む 作戦じゃ ここでひとり 宇宙人 僕らを見張ってる この山一帯が宇宙船と地球繋ぐ ひとつの港らしい  やがて終わりなき無数の光 僕ら手を止めて やがて終わりなき無数の光合い 僕ら手を止めて  猫も連れて 間違いかな ここがもう異世界でも 分かり合えないままで僕ら 想い合えたならいいな 通じ合えたなら  赤ん坊 赤ん坊はたしか 全宇宙の宝物 慎重、慎重に 扱ってくれるだろう  怪しげ光沢と憂いを 帯びていた 円盤 彼らの星は 壊滅してるらしい  i 触れる SAD UFO  i 触れる SAD UFO 夏の匂いと茂る草木よ i 触れる SAD UFO あなたの故郷の悲しみを 僕は知りきれないけど  間違いかな ここがもう異世界でも 分かり合えないままで僕ら 想い合えたならいい 猫も連れて 違うのは全部 言葉からセンス 信じるものも 遠い星と星のまんま 想い合えたならいいな 通じ合えたならいい  やがて終わりなき無数の光 僕ら手を止めて やがて終わりなき無数の光合い 僕ら手を止めて
In Your Eyes崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志夜の交差点を ただ一人歩いてた 光はぽつぽつと 心には灯らない 水面が揺れている 涙は乾かずに 言葉を待っている もう何もない 筈なのに  限りのあるライト 見えない出口は何処? 君からの答えをずっと彷徨ってるの 不安定な態度 君を考えればそう この日々の苦悩になんか虚しくなるの  In your eyes, slowly dancing. In my eyes, You are smiling.  限りのないサイド 君の影と逃避行 飾らない言葉と 今歌える歌を 行方知らぬ人と 出会う路線図の外 そうやって君と また出会えたらいいのに  In your eyes, slowly dancing. In my eyes, You are smiling.  自分の思う自分になれないまま 君に対する想いが木霊してた 箪笥にしまった筈のメモリー データなんかじゃ簡単に見れて 悲しい  In your eyes, slowly dancing. In my eyes, You are smiling.  夜の交差点を ただ一人歩いてた
プレデター崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志君の中に 僕はいるの? 言葉の中じゃ伝わりきらないよ 僕の中に 君はいるよ 頭がすでにパンクしてしまいそう  君の気がしれない 僕ら至ってシンプルで 時に残酷な 透明な、輪廻なんだろう 君の名前よんで 少し時間がたってもさ 返事がなくたって いいと思わなきゃだな いいと思わなきゃだな いいと思わなきゃ  君の中に 僕はいるの? 言葉のキャパじゃ伝わりきらないよ 丘をこえて 谷をこえて プレデターのように 僕の心が、迫ってくる夜に  君の気がしれない 僕ら至ってシンプルで 時に残酷な 透明な、輪廻なんだろう 君の名前よんで 少し時間がたってもさ 返事がなくたって いいと思わなきゃだな いいと思わなきゃだな いいと思わなきゃ
剥がれゆく季節に崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志街は穏やか 僕は混乱してるのに 知らず窓は 夜の風景 延々と流してる  君を見つける 追いかけてく事すら もうどうだっていい  季節は剥がれゆくものでしょう 死ぬまで何度立ち会えるでしょう 立ち会えるでしょう  わかりやすく 酔い潰れて眠ってる 別の窓は 桜が散って海原に 舞っていく  別の世界を たまに想像してるよ 元から無いこのプライド 言葉にすると辛いの あの人も生きているの こぼれ落ちていく 揺れてる 触れてる 暮れてく空 またねと穿った後悔を  光 グラウンド 子どもの僕がさ 走ってく 君は何処にいたの? 遠く遠く離れた場所で 同じ時間を  季節は剥がれゆくものでしょう 死ぬまで何度立ち会えるでしょう 季節は剥がれゆくものでしょう 死ぬまで何度立ち会えるでしょう 立ち会えるでしょう  くだらないとか そんなんじゃないから
いかれた夜を崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志いかれた夜を越えて 今分かり合う心にLife Goes On ぎこちなく辿るはメロディ わかりにくくていいじゃない  波を切る 僕は行く 土が立つ 怒号、灰汁  物足りない 物足りないよ くたばらない 何故転嫁inside 狂い咲くネオンが揺れて ここで「死にたい」とは思えない  順風満帆になっても 沸騰する血が流れてるから 今悩んでる脳の皺 消えたい明日の桟橋となるんだ  いかれた夜を越えて 今分かり合う心にLife Goes On ぎこちなく辿るはメロディ わかりにくくていいじゃない  信じてる 信じているよ 蟠り 何故発火outside 足早にレコードが回る 僕も部屋を飛び出した  あのね 誰かに言いたいことは もう自分でまとめがついてることで いや、でもね 君にはちょっと違って あぁ それは なんて幸せなことかしら  抉れた夜を越えて 今分かり合う心にLife Goes On ぎこちなく辿るはメロディ 空に響く三日月よ  いかれた夜を越えて 今分かり合う心にLife Goes On ぎこちなく辿るはメロディ わかりにくくていいじゃない  風を切る 僕は行く 土が立ち 星の手に
翳る夏の場崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志ちょうどいい 後悔なんてないかも 素晴らしい そうとっくに信じて いたかった でも胸の内は 癒えないね  ごめんね アンドロメダ銀河も超えて 寂しい部分は、そうどこか 放ってしまったから  幻想みたいな感情論浮かべて 愛憎渦巻く日常に溶けてくんだ  さよならオーロラ  君を見てた 夏の終わり 僕は少し 悲しくて 君を見てた 夏の終わり 僕は既に 悲しくて 悲しくて  君を見てた 夏の終わり 僕は少し 悲しくて 君を見てた 夏の終わり 僕は既に 悲しくて  君を見てた 夏の兆し 視線少し 冷たくて 君を見てた 夏の終わり 僕は既に  ちょうどいい 後悔なんてないかも 素晴らしい そうとっくに信じて いたかった でも胸の内は 癒えないね  Ride on 少し前の 言葉の上で蹲っていたよ Ride on 少し前の 言葉の上で悩み込んでいたよ Ride on 少し前の 言葉の上で蹲っていたよ
Swim崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志魚になって泳ぐ 海の底 君はまた 嘘をつく  あぁ 冷たい嘘だ あぁ 冷たい嘘だ  聞き慣れないような風の音で 君はいつか 旅をする 優しく包まれたこの部屋で またいつか 旅をする  聞き慣れないような風の音で 君はいつか 旅をする 優しく包まれたこの部屋で またいつか 旅をする  聞き慣れないような風の音で 君はいつか 旅をする 優しく包まれたこの部屋で またいつか 魚になって泳ぐ 海の底 君はまた 嘘をつく  あぁ 冷たい嘘だ あぁ 冷たい嘘だ
太陽よ崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志死ぬ と思っていたから 今日の生き方を知らない 空 竜のように消えた あれを 眺めて酔って暗んだ午後  生きてる心地がしないのなら 好きな場所行って目を瞑ってご覧 明日、よく眠れたら 朝日を浴びれたら生き伸ばすから  ああ 太陽よ 壊してよ 僕の夜を ああ 太陽よ 照らしてよ 暗い谷底を  生きてる心地がしないのなら 好きな場所行って目を瞑ってご覧 真っ白出口みたいに ぽっかり空いた穴の先で  ああ 太陽よ 壊してよ 僕の夜を ああ 太陽よ 照らしてよ 暗い谷底を ああ 太陽よ 殺してよ 僕の夜を ああ 太陽よ 燃やしてよ 暗い谷底を
My Beautiful Life崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志まとめらんない 感情を 塞ぎ込んで過ごしてる 体が覚えてた 日々の事、微かな夢 握り方をわからずに 削れたペン先で 書き留めた あなたの瞳 光を湛えて  My Running Shoes ボロボロで 朝日に晒される 今となっちゃ 苦痛に足らない事も 毒の回る昨日があった  噛み殺してた My Beautiful Life My Beautiful Life 永久に! 双眸に浸す 青い 星の光 青い 星の光 好きに凪ぐ心へ  あなたが笑ったら 少し嬉しいかも  悪夢のような夜だって 君ならば温められる いつだって続く 谷底だって光は届くの  My Teenage Soul ひた走る地図にない 山並みへ クラクションが夕闇の汽笛と化してる 空まで響いている  サーチライトで 照らす Beautiful Life My Beautiful Life 胸を焦がす 君に出会えて 明ける僕の未来 明ける僕の未来 優に凪ぐ心へ  噛み殺してた My Beautiful Life My Beautiful Life また明日 双眸に浸す 青い 星の光 青い 星の光 好きに凪ぐ心へ  抱きしめていたい この輝きを
係留崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志係留した船の上 僕ら飛び乗った 漣は知らん顔で 光と戯れてた 壮観な海の向こうに 日々は広がっていた 誰も皆 もがきながら 朝日を迎えていた  ねぇ 忘れちゃないのかい 美談ならぬ光景を 時に怪しい翳りの中 血と血は渦を巻いて ねぇ 子どもみたいね まだ心老いちゃらんないね 鎮まる涙の夜 凪が僕らを攫って行った  大好きって伝えて 君に大好きって伝えて 僕ら海原で翻る 水面にも星を待っている 大好きって伝えるの 君に大好きって伝えるよ 生きている事の輝きを 解き放つ赤子みたく あれたなら  係留した雲の上 彼らは飛び乗った 星々に近い場所で 羽を休めていた 澄み渡る空の下 世界は広がっていた 抱きしめられ 吐き捨てられ 神秘を肥やしていた  ねぇ 忘れてしまったの? 僕らにあった後悔を 残ったペンとライトで ボールの絵を描いてる ねぇ 覚えていたのさ 恋も 煙の行き先も 血と血が渦巻く時 真ん中に希望もあったんだ  大好きと伝えて 君に大好きって伝えて 僕ら海原で翻る 水面にも星を待っている  大好きって伝えるの 君に大好きって伝えるよ 生きている事の輝きを 解き放つ赤子みたく あれたなら
君はひとりじゃないとか崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志まだまだまともじゃないような 日々を掻き分けているんだな そっか 思い出した 手放す事には慣れなくて でも想うあまり苦しくはもう ちょっと、なりたくないのさ  ここまで歪んで暗がった事って 正直なかった 未来も兆しが見えない世間 ちょっと休んでみる 朧げなペンライトで 夜も生きて行こう  君はひとりじゃないとか 何もわかってないとか すこし、捻くれすぎていたけれど この心落ち着く所には必ず 誰かの姿があった それはあなたで  グラスが綺麗に並んでる それらまとめて割れちゃった そっか、ここはもう昨日じゃない 悲しい気持ちで満ちた朝 僕が選んでいく道は 危険に溢れてた  ここまで歪んで暗がった事って 正直なかった 電話越し伝う心の温度に 助けられて ペンライトつかないなら 真昼の太陽を探して  君はひとりじゃないとか 何もわかってないとか すこし、落ち込みすぎていたけれど この心落ち着く所には必ず 誰かの支えがあった  君はひとりじゃないとか 歌っている歌にさ この曲も少しでもなれたのなら あなたが生きてることでしか 助けらんない人がいる 僕はそう思ってる そう思ってる
PLATINA LYLIC崎山蒼志PLATINA LYLIC崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志Naoki Itai僕の善意が壊れてゆく前に 君に全部告げるべきだった 夜が降りて解けての生活に 混濁した気持ち掠れる燈  仕方がないと受け入れるのなら それまでだってわかっても なんだか割に合わないの、意義が ないなんて  何処にでもあるようなものが ここにしかないことに気づく くだらない話でもよくて 赤らめた顔また見せて  故に月は暗い 頭flight 今日は櫂を持って 探し物がない 揺れる愛 隠し持って生きる 故に月は暗い 頭flight 今日は何処も行けず 眠る、眠る 新品の朝へ 孤独 under crying めんどくさい 線引きのない 記憶は儚い 昨日にまるで用はない 故に月は暗い 歪むLight 明日は何処行こう  傷ついてる心がわかるのに なぜ傷つけてしまうおんなじ跡 エゴといって一括りにしていた 僕とあなたの本当 透明に燃えて  変わりたくって変わらない気持ち 形だけ崩れてく 希望の手 離さない 君の幽霊と  孤独から日々を数えたら ひとつの涙に溺れてた くだらないならいっそ壊して 歌の中で自由に生きるから  何処にでもあるようなものが ここにしかないことに気づく くだらない静けさの夜また 記憶に住む僕だけ目覚める  ここにしかない 君に触れたい くだらない話でもよくて 赤らめた顔また見せて  孤独under crying  孤独 under crying めんどくさい 線引きのない 記憶は儚い 昨日にまるで用はない 故に月は暗い 歪むLight 明日は何処行こう
雲雀PiiPii崎山蒼志崎山蒼志Seiji Kokeguchi・Emil Sana時は艶やかに思い出 溶かすけれど その光は遠い場所 何処までも伸びてゆくでしょう 鞄に入れてる 手鏡ほどの慈愛と 囀(さえず)りながら天へ  飛んでくあの鳥を 心の裂け目から 喜びの発芽から 季節と移ろいゆく私 辛い話また涙と飲み込んで 歩いてた  どうして どうして 時は穿(うが)たれ過ぎてゆく 雲雀(ひばり)とさあ歌おう 絶え間なく今を歌うの  人はなめらかに面影 変えるけれど 変わらぬ思いを 誰しもが隠しているはず 首都高は忙しく きらめきが連なってた エスコートライトに 導かれ人々は  何処へと行くのでしょう 出口はまだ見えなくて 高架下 ラークスパーや 街のざわめき 胸の内の焦燥と 重なっていた  今も 未来も 明けない夜も過ぎてゆく 雲雀とさあ歌おう 絶間なく日々を歌って 曇天(どんてん)に光さしたら 春が吹き返したら 泡と流れない苦しみも 声に出してみせて  かつて日々を彩った 音楽が轟(とどろ)いて 私は確かに 過去を受け止めて泣いていた どうしてどうして 時は穿(うが)たれ過ぎてゆく 雲雀(ひばり)とさあ歌おう 絶え間なく今を歌うの
覚えていたのに崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志Kabanagu覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 今日がないみたい 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 僕じゃないみたい  昨日は優勝 基礎から完勝 どうやっても 暗記ばっちし なのに 今日は不安症 なんでかな五十音 文字の前 霧が喋ってる  覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 僕じゃないみたい 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 空いてく色や形  ペンもノートも 空いた鞄の 口からさ 順に居なくなる オッケー こういう時さ せーので もういっそ テスト無視して 飛び込むの! ほら  どこにも今日がないのに なぜかずっと探しているヒント 迷子は楽勝なのに 僕が僕じゃない日々は嫌なの 「回答なんてな没で 君が君でいれることをしちゃえよ!」 ライトをつけたボートに 乗り込み夜が明けるの待つみたい  昔話になるのがいい 今日を紡いでく  (My 会議)  覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 覚えていたのに不安で 僕じゃないみたい
I Don't Wanna Dance In This Squall崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志she said 名前のない光は全部スコール You said フラグのない怒りを全部呑む She said 名前のない光も全部コール You said あまりのない怒りを全部呑む  I don't wanna dance dance さざめく滑走路 僕は君と話したい I don't wanna turn turn 揺らめくダンスホール 僕は君と呼応したいの I don't wanna dance dance さざめく滑走路 僕は君と話したいの want to know your name  気兼ねない くだんない 話も全部いいね よくばってばっかり きっと人生の花火 静観する雨に 名前は全部ないし 匂い 木の縁や 窓や空間が大好き  I don't wanna dance dance さざめく構想路 僕は君と話したい I don't wanna turn turn 揺らめくダンスホール 僕は君と呼応したいの I don't wanna dance dance 揺らめく構想路 僕は君と話したいの want to know your name  スコール  目には余らない光景が サウンドや汗で更新されていた  どうしたってくらい何もない 歪みもない 疑いもない 申したっていない 誰もいない 歪みもない 疑いもない どうしたってくらい何もない 歪みもない 疑いもない  want to know your name  スコール
A Song崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志孤独の絵を描いている 散々に塗りたくっている 色が足りなくなって どうしたらいいか わからなくなる 悪魔の目は緑色 なにかに飢え 羽を欲しがる 天使の目は何色? 知っちゃいけない 連れてかれるから 降下する光が涙流す  破滅、堕落を繰り返し 息しよう 肉体を楽器の鼓動と奏でよう 憂鬱の中で死にそうでも この歌がそれを止めるだろう  孤独の絵を描いている 散々に塗りたくっている 画用紙には収まらず 身体や部屋の壁にも塗りたくる  降下する光が流れた涙と化して  破滅、堕落を繰り返し 息しよう 肉体を楽器の鼓動と奏でよう 扉の前で溺れそうでも この歌がそれを止めるだろう  破滅、堕落を繰り返し 息しよう 肉体を楽器の鼓動と奏でよう 憂鬱の中で死にそうでも この歌がそれを止めるだろう
舟を漕ぐ崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志「子どもの頃さ、 見ていた空はもう見えないかな」 山嶺帯びた雲が… 今は此処にしかないけど あなたはそこにいたんだね  寝返りを打っている ここから始まったようにさえ 思えて涙が出る 舟を漕ぐ 舟を漕ぐ 舟を漕いでゆく  密林に流れる運河を行く もっと深いところへ そこは夢の中のよう やがて 開かれた場所へ抜けた 今は此処にしかないけど あなたはそこにいたんだね  寝返りを打っている ここから始まったようにさえ 思えて涙が出る 舟を漕ぐ 舟を漕ぐ 舟を漕いでゆく やがて時が満ちたら あなたの幸せの漂流を 受け入れる空と海 思い出す  舟を漕ぐ 舟を漕ぐ 舟を漕いでゆく
Helix崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志akkin消えないこと約束しよう 何処までも行けるよう 星に祈るよ 消えないこと約束しよう 何処までも行けるよもう 何処までも行けるよもう  Helix 霧雨の夜に 閉じた魔法がまた匂ってくる フェンス越しに蠢く 化け物の戯れに私は目を伏せる  途切れないで 今日よりも思い出して 途切れないで 今日よりも思い出して 夏は形骸か 涼やかな太陽が 残ってる 静かに流れてる  Helix 霧雨の夜に 閉じた魔法がまた匂ってくる フェンス越しに蠢く 化け物の戯れが怪しく煙る Helix でたらめな夜に 落ちたブレーカーまたは体温が 鏡越しに蠢く私の虚像により 私は消えてゆく  頭の中鳴っているのずっと 被害者は報われないずっと 渦巻く虚無の苦味 痛み 嫌い 同じ韻の意味を やがて朽ち果てる冒涜も 洗脳じみた日々の偏見も 組み立てるの私自身だと 問いかけるの気が滅入りそうだよ  恐れるのは己自身も  消えないこと約束しよう 何処までも行けるよう 星に歌うよ 消えないこと約束しよう 何処までも行けるよもう 何処までも行けるよ  Helix 霧雨の夜に 閉じた魔法がまた匂ってくる 画面越しに蠢く奴らのお友達関係 審議も裂ける 鋭利 いたいけな日々は 今も尚 毒が散らかっている フェンス越しに蠢く 化け物の戯れに私は目を伏せる
Pale Pink崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志夢にはならないことばかり 夢から醒めないで気がかり なことに俺を隠してるばかり 斜め肥大する西陽にめまい  めまい (鉄をなめる 太陽の味 くねる光沢 5歳の私 映り込んでる空が曲がって 舌の熱さでかき消して くねる光沢 太陽の味 映り込んでる5歳の私 鉄をなめる 空が曲がって 舌の熱さで 熱さで あ)  地団駄を踏み鳴らす いつもと変わらない言葉があるでしょう 意味のない拘りはやめよう  夢にはならないことばかり 夢から醒めないで気がかり なことに俺を隠してるばかり 斜め肥大する西陽にめまい
水栓崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志思い出す高架下 早朝 行き交う人々や 今日が重ね塗られてきた 透明に震える空気が 何故会えなくなったのか ふいに我に返る瞬間や 何故ここに存在してるのか 宇宙の果て 宇宙の中で 恐れることはないけれど 来年はどうだろうか 今私は何処にいて 当たり前に感じてる生活を 紐解いて 流れた涙 水栓 底にある真実や 訳もわからず受け取った 現象が心繋がるのは 繋がるには とまたぶら下がった  寂しさに起因した あなたの心のドアを閉めた ヘッドフォンで耳を塞いでも 音楽が流れていればさ 膨らんだ空にほら街が 包まれて顔を変えたなら 保たれた心も変わり目 バランスがとれないけど 言霊に比例した自我が 遊泳する此処は銀河 あくびと共に誘われる世界 三途の川 土手の前 街灯の表面の冷たさ 中の熱さ 川の音を少し聴いた ためらいを拭い去れぬまま ずっと私は私のまま それはみんなそうだ みんなそうだろう  紐解いて 流れた涙 水栓 底にある真実や 訳もわからず受け取った 現象が心 繋がるのは 繋がるには とまた自分の内で 自分の家で 天井に委ねて 虚空や実際の空に 投げて投げて 投げて投げて
通り雨、うつつのナラカ崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志ああ 最悪で純粋な夢から覚めて 落ちていくまたベットの弾みへ このまま 閉じていく 苦しみはしたくないと ああ 大切なものや憧憬は 拡大せずとも光輝くだろう あの夏草と僕は同じ ゆらゆら揺れる  憎しみを窓から映して 転んで 今日が最悪でも 雨に濡れて 乾かす太陽があつくて そこに生きてる  ああ そこら中ぶちまけたサイダー 怠惰 の色と染みてゆき 今渇いていく それらをただただ見つめて時を逃す 最低な ああ 後悔が浮き上がり ぎこちない過去を破って また迫り来てる 季節のはじまりに加速する香り あなたが教えてくれた  憎しみが窓に映って 拒んで 今日がこりごりでも 雪に溶けて 乾かす太陽の光と そこに生きてる  願いにも似た呪文をずっと 唱えている 草臥れた疲弊した訳でもないのに ずっと疲弊し続けて 馬鹿みたい なんて言えたら 言葉が先に泡吹いて 海岸でまた僕は僕の首を噛む  憎しみを窓から映して 転んで 今日が最悪でも 雨に濡れて 乾かす太陽があつくて そこに生きてる さりげなく“今日”は生きてる 死んで なくなったつもりでも 雨が止んで 瞬きの中に潜んで  そこに生きてる ずっと生きてく
タイムケース崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志幽霊が飲み干した水全てが 今日の私の家に降る雨 今日の私の家に降る雨 炊き上がった米の香りと 純正の心が立ち上がる もくもくと 煙に紛れながら  玄関に正座してる退屈と鮮明な空気が 一点を目掛け縮小し破裂する 一部始終 流行との接点を拡大し伸ばして放置した 最低な私 たまに味見してみたり  浮かび上がる世界のはなし  鮫を思い陸を掴み走る 夜道はまだ伸びていく 呼吸の狭間 逢いたい誰かの 時空を超えた踵に当たるまいと 笑顔でまた会釈する 芽吹くのは全ての呼吸 ばっと 開けてまた手を叩いて 笑う  浮かび上がる世界のはなし 開花してく枝葉の坂道
幽けき崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志わからないでいて 掴めないままだから 声が霧雨に変わる そんな調子で 暗闇の中で くゆる朝の光に ざわめく心が 少し 色を落とした  言葉じゃ言えない 悲しみよ 手の甲にこびりつく 今日が 薄れてく 日暮れ時 躊躇いに隠れてた 愛しさよ ラララ  今 心の縁に立って 忘れない花が咲いたよ “いつか” なんてわからないけど ここにある ここはあるよ  危うさ抱えたまま 優しい陰を作ろう 光のない夜も 水面に 揺れる草木と 幾多の願い事よ 不甲斐なさも今日は 許せる気がした  今 心の縁に立って なめらかに風が吹いたよ “いつか” なんてわからないけど ここにある ここはあるよ  今 心の縁に立って 忘れない花が咲いたよ “いつか” なんてわからないけど ここにある ここはあるよ
24崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志頭の中24hours 流れ込む虚空は銀河へと繋がり 曖昧で時に愛おしい 場所へと続くよ 虚無よりもずっと 小さくても if you feel so lonely in the room 畏怖よりもずっと  絡み付いた紐の上を辿るような 気持ち 不意にやめたくなるよ全て 夢に見るのは かつての知り合いばかり 笑みから覚めて またそっとぽつんと虚しくなる  やがて また時が経てば 今日だって懐かしく思えるでしょう それとこれとは別 遠い山並みが見たい 光を湛えた夜を迎えて  頭の中24hours 流れ込む虚空は銀河へと繋がり 曖昧で時に愛おしい 場所へと続くよ 虚無よりもずっと 小さくても if you feel so lonely in the room 畏怖よりもずっと  太陽が近づきすぎてる 誰もが皆 隕石のよう 向かい側の車窓 暗闇 夜はずっと深い  やがて また時が経てば 今日だって懐かしく思えるでしょう それとこれとは別 遠い山並みが見たい 光を湛えた夜を迎えて  気づかれないと ざわめきのない ことに気づかない 音のしない けれど慎ましやかに 希望はあるさ ここが何処だって 川縁から始まったって  頭の中24hours 流れ込む虚空は銀河へと繋がり 曖昧で時に愛おしい 場所へと続くよ 虚無よりもずっと 小さくても if you feel so lonely in the room 畏怖よりもずっと
ろうそく崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志運命がどう終わるかはわからないけど 僕はこうして生きていたいの 運命がどう終わるかはわからないけど 僕はこうして生きていたいの  遠い空 もつれた雲のはじっこ 客観的な思想を焚火で燃やした  火は鮮明に鮮やかに 日は鮮明に鮮やかに  いらないよ それいらないの もう 僕は嘘をつくから いらないよ それいらないよ もう 僕は失いがちなもんで 空虚な笑い声と叫び声に 身をゆだねて消える  運命がどう終わるかはわからないけど 僕はこうして生きていたいの 運命がどう終わるかはわからないけど 僕は決して泣かないの  言葉よりも近くへ言葉よりも遠くへ この感情は熱をもつ 言葉よりも近くへ言葉よりも遠くへ 尊いな ろうそくみたいで  いらないよ それいらないよ もう 僕は嘘をつくから いらないよ それいらないよ もう 僕は失いがちなもんで 空虚な笑い声と叫び声に 身をゆだねて消える  なあ僕は体温を越え 体からこぼれる気持ちを失った 気持ちを失った 同じ冬に会おう 同じ冬に会おう  なあ僕は体温を越え 体からこぼれる気持ちを失った 気持ちを失った 同じ冬に会おう 同じ冬に会おう
崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志たくさんの水の中 咲いている白い花 透き通り揺れる面に 映り込む 空と町 遠い国 人の暮らし 砂漠の町、旧市街 果物溢れる市場 騒がしく麗しいの  報せて君の名前を 教えて君の言葉を 歪みある世界 でも美しくみえる場所 さよなら 昨日の涙 光の奥底に花 が咲いている 波の音 温かに頬を濡らし 私は笑う  きらきらの若者たち 無垢で残酷な子供達 笑えない大人たち 掻き分ける、海 進み行く 森で 立ち込める深い霧に 冬の白い息 を思い出す 忘れない 体温と 柔らかな硝子の瞳、潮騒  報せて君の名前を 教えて君の言葉を 歪みある世界 でも美しくみえる場所 さよなら 冷たい涙 光の奥底に花 が咲いている 波の音 温かに頬を濡らし 私は笑う  ああ 伸びていく あの高いとこへも 超えて ああ 掴みかける 透明な光を行く
Youth-picnic崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志深い森へ入っていく ここが入口みたい それぞれのナイフを きらきら光らせる  深い森へ入っていく 出口は分からない 汚くも美しい感情が 乱反射する  雪となってどこかに降るんだ 大げさで溢れるこの想いが 想いが  溶けそうな想い出が言葉を ひとつずつ並べていくの 溶けそうな笑い声が時間を ひとつずつこぼして こぼしていくの  深い森は薄暗くて 季節を感じないの でもいつの間にか 傷と懐かしさを残して終わるの  深い森へ入っていく 出口は分からない 汚くも美しい感情が 乱反射する  雪となってどこかに降るんだ 大げさで溢れるこの想いが 想いが  溶けそうな想い出が時間をひとつずつ 並べていくよ 溶けそうな笑い声が時間をひとつずつ こぼしていくよ 溶けそうな笑い声が言葉をひとつずつ こぼしてこぼして 溶けそうな笑い声が時間をひとつずつ こぼしてこぼしていくの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
過剰/異常 with リーガルリリー崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志・リーガルリリープラスチックのように軽い日常が終わっていく 時計の針に集中して 考えるのは 明日のことです  腐ってる世界を 生ぬるい感性を 月のように照らされるものを あの 破れたレシートを 見ている  手を振ってまた今度ねと 口に出す日々は続いていて その日々の中で切り取ったいつかに 僕は死んでいるのだろう 黙って 濁ってしまった言葉は もう息もしてないみたいだな 黒い服はもう飾りになっていた  変わっていく世界を 変わらない寂しさを 月のように吹き抜けた明かりを あの 自動販売機を 見ている  手を振ってまた今度ねと 口に出す日々は続いていて その日々の中で切り取ったいつかに 僕は死んでいるのだろう 黙って 濁ってしまった言葉は もう息もしてないみたいだな 黒い服はもう飾りになっていた 黒い服はもう飾りになっていた  手を振ってまた今度ねと 口に出す日々は続いていて その日々の中で切り取ったいつかに 僕は死んでいるのだろう 黙って 濁ってしまった言葉は もう息もしてないみたいだな 黒い服はもう飾りになっていた 飾りになっていた
季節外れ崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志僕らはまた旅に出なくてはいけなくなったの 日々の体温と溢れる青におさらばしなくてはならないの 僕らはまた旅に出なくてはいけなくなったの 楽しいことなどなかったはずなのに 少し寂しいよ  今 ここで季節外れの風が吹いて また泣きそうになってるの 君の声を思い出すと 春の空気を感じる 今 ここで季節外れの風が吹いて また泣きそうになってるの 色が落ちていく 絵画のような空を 仰いでいる  不器用に光る太陽が また僕を照らすのでしょう 人混みに埋もれるこの僕を 優しく照らすのでしょう  旅の中で  僕らはまた旅に出なくてはいけなくなったの 日々の体温と溢れる青におさらばしなくてはならないの 僕らはまた旅に出なくてはいけなくなったの 楽しいことなどなかったはずなのに 少し寂しいよ
嘘じゃない崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志息をして触れてきた優しさが いつの日か 蓄えた優しさになる 一人を越えて 君と繋がれたなら 瞬きの間に 二度とない千を見るよ  誰かが伝う 意味のない と 捨てられた 悲しみに 湛えられた炎を見ろよ 嘘じゃないよ 嘘じゃない  これからの未来は 何処へでも 繋がれる気がしてるの 悪夢の根源に 居た君を いつか必ず 救い出すから 救い出せるから  擦りきれた心と闇の中へ 今綻んだ関係を辿る途中で 枯れ果てたと感じてた記憶も 枯れちゃいない そう微かに気づいたのさ  空がほら 広がってく 余計なものも 愛しく 泣けるほどに 痛ましいさ 笑顔を突き立てよう  これからの未来は 何処にでも 繋がれる気がしてるの 悪夢の根源に 居た君を いつか必ず 救い出すから  揺らぎあるものの為に 生きてきたんじゃないし でもこの振動は 私を確かに 呼んでる 嘘じゃない 嘘じゃない  歪みある世界に立っている 心崩れ落ちる音 溢さぬよう 何度も作ったダムも忘れはしないよ  これからの未来は 何処へでも 繋がれる気がしてるの 悪夢の根源に 居た君を いつか必ず 救い出すから 救い出せるから
逆行崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志幸せじゃなくて 痛みなど 抱き留めてくれたら その 痛みすらなくて なにもかも振り切って 笑って見せよう  瞬きくらいで忘れちゃうこと いとも簡単にできたもんだね 偶然か必然か幻想か もうここでは 関係ないのさ 揺らめく今日を手繰るよりも 揺らめく今日を掴んで掴んでやる  幸せじゃなくて 痛みなど 抱き留めてくれたら その 痛みすらなくて なにもかも振り切って 笑って見せよう  瞬きくらいで忘れちゃうこと いとも簡単にできたもんだね 偶然か必然か幻想か もうここでは 関係ないのさ 欲しいものも なりたい人も 全部まとめてかっさらうよう でもそんな完璧な中でも 痛みや虚無は絶えないから 穴だらけの心で 夜に浸かっていくのさ 揺らめく今日を手繰るよりも 揺らめく今日を掴んで掴んでやる  雨に打たれてた 僕の目の中で 映り変わる季節よ そのままで なくしてた ものだけを 集めてる 月の下で  幸せじゃなくて 痛みなど 抱き留めてくれたら その 痛みすらなくて なにもかも振り切って 笑って見せよう
うねり崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志目を覚ます 練色の空から 透明な雨が 降ってくる音がする 木々の間からは 悪魔みたいなやつが こちらを覗いてる 僕は目を逸らす 遠い国では 自爆テロ それでも世界は回ってる これ 聞き飽きたように 思えるけれど 血まみれの現場を 誰も想起しない 誰も想起しない 少なくともあなたは そんなあなたの その無垢な笑顔に 僕は愛着をおぼえてる  うねりがそっと静かに始まる 僕らはずっとそれに目をこらえてる こらえてる  敬虔な態度で空を泳ぐ 飛行機は今年のニュースのように 僕らの上を過ぎ去ってく  うねりがそっと静かに始まる 僕らはそっとそれに目をこらえてる こらえてる
鳥になり海を渡る崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志道端に生えるあの花は 過ぎ去る時間なにを思い 生きてるんだろう 色のない虚無は底無し 蓄積する考察や不安 「夜」という胃袋の中で  街灯が聡明に見えた 汚れた僕はそれが怖かった 地平線は斜めに傾き 全て巨大な宇宙に飲まれる 意識は次の世界で覚める  枯れていく君の言葉に 意思はなくて 腐ってく 僕の耳をすり抜け 鳥になり海を渡る 鳥になり海を渡る  枯れていく君の言葉に 意思はなくて 腐ってく 僕の耳をすり抜け 鳥になり海を渡る 鳥になり海を渡る  ネオンのうるさい街をくぐりぬけても 君もいないし朝も来ないだろう
花火崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志akkin夜、夜、夜、夜の中に咲いた火花が 僕の手を 引くように、 見えてる 聴こえてる この瞬間に 隠れられたら いいのにな 散れたら  蝉の脱け殻 僕も脱け殻の様 自暴自棄 も越えて 土手に向かう 蝉の脱け殻 僕も脱け殻の様 夜は、夕暮れと 混濁していく 今日よ さよなら 今も ここで消えらんない 不意に吹いた風に涙が出るよ  いつも 許されないから 破裂音だけが 意味をなすのさ 虚無をぶち壊すよな 満開の刹那が 希望の声と 咲う 笑う  今日よ さよなら 今も ここで消えらんない 不意に吹いた風に涙が出るよ  深く吸い込む空気に 光が混じってた それが苦しくてさ 虚無をぶち壊すよな 満開の刹那が 希望の声と 咲う 笑う  夜、夜、夜、夜の中に咲いた火花が 僕の 手を 引くように
そのままどこか崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志宗本康兵後悔に包まれて 心の底で俯いている 夕焼け前の空は 水彩のにおい 溶けだしてきそうなほどに  ぼんやり固めた覚悟なんて 脆いもんでさ 駄目になりそう だめになってるかもう この夕景に拐われるように 現れてくれたらいいのに 微かに時が止まる  そして そのままどこか連れてって 連れてってよ 明るいうち(家)はない ずっと夜までも 真澄の空が月へと 続いてく 深く呼吸をして 今日はもう眠ろうか  ひとつ 鼓動が聞こえる夜は深い 明日になって言える こともない 虚無の予感が部屋を満たしていく 今日の終わりは暗い 窓の向こうに明日が待ってる 見えてくるよ  後悔に包まれて 心の底で俯いている 夕立ち前の空に急ぐ 君に会いに 駆けていくのさ  (響きわたる環境音にのまれてく 夕暮れに沿って街も閉じていく) 騒ぎたてるようにずっと流れてる この音楽よりもはやく 音楽よりもはやく  (そのままどこか連れてって 連れてってよ) 明るいうち(家)はない ずっと夜までも 真澄の空が月へと 続いてく 深く呼吸をして 今日はもう眠ろうか
waterfall in me崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志天国で会えたら なにを話そう できるだけ くだらないことがいいな 天国で会えたら なにを話そう  さよならが走りだした 流れるようさ 悪戯に走りだした ああ 満ちてく 時は羅列だ 騙されそうさ 痛みのない ここで 不確かに 隠れるのさ  waterfall in me  壁をつたう 滝のように falling human 僕は息を呑む ここに湛えられてきた pain 羊の悲鳴 生贄のメッセージ  ああ 鉄格子 眺める 道徳の授業じゃ収まらないから 夜景と化す 怒りのメッセージ (おしいれのぼうけん) waterfall in me
目を閉じて、失せるから。崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志goodnight 今日まで会えた光よ goodnight 今日まで会えた光よ goodnight 今日まで会えた光よ goodnight 今日まで  「目を閉じて、失せるから。」 「夜が明けるそこで待っていて」とさ  目が覚めても 外は真っ暗のままで goodnight 今日まで会えた光よ  (傾いた肉体合戦 そこには俺は居なくて 傾いた肉体が線 そこには君も居なくて)
回転崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志大濱健悟どうしようもないことが 大小様々に迫る 転がる そこに 躓いては 気づいては 沈むような気分で また夜が更ける  わかり合えないね 朝日が優しい 澄んだ日陰の歩道には 悲しみに濡れた新聞 その上で猫が眠ってる  回転する この世は夢か 否かそれは わからないけど 祈りは届くよ 季節や 陰謀を貫通して 何処までも  唐突に 遠い未練のこと 景色の香りを含んで 思い出す まるで 洞窟に反響する様に  わかり合えないね 朝日が優しい 街灯、夜風 月の下で やり場のない感情の赴くままに 走って 走っていく  絶景 点滅を繰り返してる 何もかもが入り乱れるけど  祈りは届くの 季節や 陰謀を貫通して 何処までも 何処までも
ただいまと言えば崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志ただいまと言えば 帰れなくなる Cosmic 巨大空間 万華鏡 黒い空洞 どこにもいないよ  ただいまと言えば 帰れなくなる Cosmic... それでもなぞってくの 幻まで  ゆるやかな川の流れに 無数の動きをみたよ 僕もまた そこにいたいと思ったの 天も底もない感覚で  繰り返しに含まれた歓び さようなら 時間の速度は紙一重ながら とても早くなにも掴めないまま  転がってる夜を君が数えたら手を引っ張って、 転がってる夜を僕が数えたら手を引っ張って おくれよ 今すぐ  転がってる夜を君が数えたら手を引っ張って、 転がってる夜を僕が数えたら手を引っ張って おくれよ 今すぐ  ただいまと言えば 帰れなくなる Cosmic 巨大空間 万華鏡 黒い空洞 どこにもいないよ  ただいまと言えば 帰れなくなる Cosmic... それでもなぞってくの 幻まで
Repeat崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志空中に描かれた線が消えぬまま 月が見えても目はしばしば 愚かな私は 蒙昧を上塗り 眠りにつく頃に 本能だけが悟る 変則的 なうねり あれなんで ここに 権力者は皆 神様のつもりで 愚民を 見捨て 穴に埋めるのか?  また始まる 何万目かの 地球で 何万目かの 地球で また会えるから 嬉しいな 楽しいな  聞こえないのに止まない雨が 痛いほどに見えてくる  また始まる 何万目かの 地球で 何万目かの 地球で また会えるから 嬉しいな 楽しいな
find fuse in youth崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志野はらを駆ける子ども 湖が風とざわめく 鳥も僕も “ここ”で生きて “ここ”で死ぬことになるから 大きく息を吸っておこう 優しい今日 ありがとう  メロディ 何処かで 忘れた 言葉 拾って メロディ 何処かで 忘れた 言葉 拾って 僕に 聴かせてくれ  イメージの墓場でこれ以上 体を燃やさないように 憎み合う人間の心が これ以上 グロテスクに ならないように  野はらを駆ける子ども 湖が風とざわめく 鳥も僕も “ここ”で生きて “ここ”で死ぬことになるから 大きく息を吸っておこう 優しい今日 ありがとう
Undulation崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志友達にもらった言葉のナイフを 今日も僕は頭の中で握っている 空高い雲を睨んだ君の 家の近くの水平線がうねっている  願いが願いのまま終わるなんて嫌だな でも僕はそれを感じながら生きていくんだろう そんなふうに寝返りをうつ この僕に 藍色の世界が微笑む  あの子がいってた感情の凶器を 今日も僕は忘れられぬまま 走っている 知らないことを知らないままで終わらせる 毎日に抽象的なノイズが問いかける  願いが願いのまま終わるなんて嫌だな でも僕はそれを感じながら生きていくんだろう そんなふうに寝返りをうつ この僕に 藍色の世界が僕の背中を強く刺す
Heaven崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志誰もがある人の言葉の中 頭に咲いた少しの希望と ヘブンとかコミュニケーションなど 優しさをふくめてみたりして  誰もがある人の言葉の中 頭に咲いた少しの希望と ヘブンとかイニシエーションなど 優しさをふくめてみたりして  ハイタッチして割れる毎日で 太陽を体内の内臓まで燃やして ジャンプしてんだずっと 嫌いなものから 探している魔法など 全てから脱皮したい12月の夜  黄金の撃鉄に触れて 一発でも撃ち込みたいみたいな この世界の中で in the end navy blue  ハイタッチして割れる毎日で 太陽を体内の内臓まで燃やして ジャンプしてんだずっと 嫌いなものから 探している魔法など 全てから脱皮したい  美しさが動脈の走り方に 敏感に反応して今朝 身体の中 踊る  月の下では 無重力な嘘 黒い色をした水道は 悲しさを浴びる シャワーの様で  ハイダイブして沈む毎日で 太陽を体内の内臓まで燃やして 天に届かないんだ 嫌いなものも 好きなように この街から逃げてしまえばいい  ハイタッチして割れる毎日で 太陽を体内の内臓まで燃やして ジャンプしてんだずっと 嫌いなものから 探している魔法など 全てから脱皮したい  灰になって世界を循環して 悟って星になる そんな曖昧なイニシエーションいらない
踊り崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志渇いた言葉に虫や魚の脂を塗った 大きな意見なんて特別ない 海水が胃袋と繋がったら そっと尾びれをつけましょう  ねえ 今わかるかもしれない 私の名前が ねえ今わかるかもしれない…  指先から産まれた 数々の言葉たち 毒を持ち成長する植物や肉 やさしい  山がむしろ生活に入る 私の目に映るノイズは 色を越えてく 山がむしろ生活に入る 私の目に映るノイズは 色を越えてく  ララッタタ…. 色を越えてく ララッタタ…. 色を越えてく  ねえ 今わかるかもしれない 私の名前が ねえ 今わかるかもしれない  ねえ 今わかるかもしれない あなたの事が ねえ今わかるかもしれない…  指先から産まれた 数々の言葉たち 毒を持ち成長する植物や肉 やさしい
感丘 (with 長谷川白紙)崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志長谷川白紙触れ 尖る 育つ 穏やかな鼓動は また 鈍に入り 声のうねり 止まる 画廊 吠える  とぐろ へ 立ち上る 隠れ方 見て 確かめて 木目をすり抜ける 岩の 孤塔  (森林の中を泳いでいく 切る掘る見えなくなる)  あなたは遠い丘 霞に消えて 定まらぬ時間の抜け殻 ばかりが 残ってく 硝子越しの空 捩れてる 滑らかな 爆音前に沿う 乞う  どきどき雪を漕ぐ 砂浜に似た そのなにか 刻むこと忘れた 未来の私 が見ている  戸張を 揺する影を 光の魚 に寄せて 作りだすの 嘘の波紋と ほら ほら  何処で 気がついていたの  塊が  あなたは居ない穴 霞も 閉じて 夕暮れの模型をも壊したままで  追い裂ける雲を越え 変わる 人の窪み と  硝子 空 祈る 痛みと眠る
夢模様、体になって崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志テーブルの上に うずくまった僕が “堂々巡り”の 具現化として 溶ける ゆっくりと  …(曲線に知られている。)  木々を捲るように 風を剥がすように “夢模様”が 体になって あばれだすよう
Video of Travel崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志消えないで、消えないで 寝返りを打っても、思い出せないの、思い出せないの
潜水 (with 君島大空)崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志春の風 感じて 渚へ向かう 転がっている 幸せをよけながら  春の風が潮風に変わり もうすぐだな あと少しあと少し  夏はそう あそこの島まで届いていて そこらでは雨が降り出した  花束忘れて身を投げる 窒息 入水 潜水 夏の影 走馬灯  ちぎれるほど抱いた不平不満を 愛している 愛しているの 数えきれないほど拾った不幸と共に  ちぎれるほど抱いた不平不満を 愛している 愛しているの 数えきれないほど拾った不幸と共に  もう息をするのも忘れて 闇の踊る方へ もう息をするのも忘れて 闇の踊る方へ  ああ最後の夢を 最後の夢を見よう  ちぎれるほど抱いた不平不満を 愛している 愛しているの 数えきれないほど拾った不幸と共に  ちぎれるほど抱いた不平不満を 愛している 愛しているの 数えきれないほど拾った不幸と共に  目が覚めた なんだか立ち眩む そとはまだこんなにも暗いな  気持ち悪くなって服を脱ぐ びしょ濡れになった潮の香り、、、
柔らかな心地崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志空気を縫うみたく歩いて 足は軽く なめらかな気持ち 眠りの中のようだ けれど 命の声は耳を揺さぶるほどに 強い 眩しい 体内を這う指も蕩けて 柔らかな心地に呑まれて 空気と線を越えて 大切なものはまた輝くだろう そうだろう そうだろう 穏やかな光を掴んで 手は離さないで ゆらゆらと風のようになびくだろうそうだろう そうだろう 空気を縫うみたく歩いて 足は軽く なめらかな気持ち 緩やかに身体をほどいて 目を少し開けて 透き通る宝石みたいな朝で 動かして 足を運んで 柔らかな心地に呑まれて 空気と線を越えて 大切なものはまた輝くだろう そうだろう そうだろう
泡みたく輝いて崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志優しさってなんだろうね 真夜中に考えてもわからないね 形を探して無駄を食べ合って はしゃぐ うるさい街の 静かなこの部屋で  かつてを駆け巡り笑う僕らを 眺めて泣く 濁り狂う時代に 足をつけて あなたが笑う 時間は進む  優しさってなんだろうね 答えなんてないんだろうけど まだ考えてる 姿、形を今も探してる うるさい街の ひとりのこの部屋で  かつてを駆け巡り笑う僕らを 眺めて泣く 濁り狂う時代に 足をつけて あなたが笑う 時間は進む  淡く燃えてく記憶が 僕らを包んでく ほらたしかに そこに在ったから 僕らの 場所が 君が  優しさってなんだろうね 真夜中に考えてもわからないね 形を探して無駄を食べ合って はしゃぐ うるさい街の 静かなこの部屋で
烈走崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志肉体通り越すスピードで 駆け抜けるのさ 風を切る音にまかれて 疾走 感情の渦 火をつけて 肉体もまだ走るさ  崩れたら壊れそう それでも走るのさ 風を裂くように 数えられないほどに  肉体通り越すスピードで 駆け抜けるのさ 風を切る音にまかれて 疾走 感情の渦 火をつけて 肉体もまだ走るさ 黒点の分離 夕景の炎 雨風の匂い 太陽の光 あなたの顔 酷い記憶の羅列 もうどこまでもいけるようだ
楽園にて、わたし地獄新しい学校のリーダーズ新しい学校のリーダーズ崎山蒼志H ZETT MH ZETT Mぬるくなる空 ひどい胸のざわめき 冷たい汗と 君の笑い声 絡まる言葉 深い喉の奥 蠢く闇夜 わたしもどりたい  どこで出会い 宇宙の果て? 通路の果て? うねりを知ったの 右脳左脳 とろりとける 座席、真上 誰か助けてよ (すぐさまに)  「願いは叶う」 そんな夢から覚めて 青い額を隠し 過ごしてる 気づいてほしい 気づかれたくない 揺れるゴンドラ 歪む我が姿勢  どこで出会い 宇宙の果て? 通路の果て? うねりを知ったの ここは崖で ゆるいめまい 優雅な視線 誰か助けてよ (すぐさまに 助けなきゃ 今すぐに いち早く)  ぬるくなる空 ひどい胸のざわめき 冷たい汗と 君の笑い声 巡る悪夢と 肉体の彼方 友の問いかけ わたし作り顔  止まらぬ意識 肥大する祈り 冷めきった空 時計は回るわ 騙し騙しの わたしもどりたい
崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志時を止める 僕らだけの 幸せそうな 国をつくろう かつて流した涙も忘れるくらいの  おとぎ話の世界で息をするの 形はなくても夢ではないの 街のはずれで座り泣いてる君と キラキラした夜なんてもう見たくはないの  時を止める 僕らだけの 幸せそうな 国をつくろう かつて流した涙も忘れるくらいの  月がきれいに光る ここは暗闇と 感情の渦にのった夜が踊った国 朝焼けのきれいさに息をのむ 別れを告げると季節にすぐ追い越されそうで 今、夏が終わってく 今、秋が始まる 今、冬が終わってく 今、春を感じる  笑っても無駄だよ、全部知ってるの なぜだか不安になるの  ねえ君のはなしはなに どう答えてもいいから ねえ君のはなしはなに 揺れる木々がまた夢みたいに ねえ君のはなしはなに どう答えてもいいから ああ、揺れる木々がまた微笑むと 僕は無性に苦しくなり 息もたてずに 逃げよう
塔と海崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志模範的な夜の森林をくぐり抜けて 大きなトンネルを通過したら 人工的な塔が見える 悲し気な光に照らされている  体内には知らない異物感 マンホールの下には桜があって 巨大な轟き 遠い未来から大木の様 そして今公園から流れる熱い泥 とかされそうさ  真っ青な海に飛び込んで 知った 世界だから 傷つき わからないことだらけで ここまできてしまった 様々な形をした星たちが 非常に綺麗に光っていた 海の上でゆらいだりして  テレビつけて知る 行き場の無い怒りおぼえて 「だれも救われないじゃない」 と呟き 部屋を出る君 「本当にそうだね」と呟く頭の中 なぜ定期的に起こってしまうの そういった人が出てきてしまうの 不安と比例する恐怖、怒り 今日も雨が降っている  真っ青な海に飛び込んで 知った 世界だから 傷つき わからないことだらけで ここまできてしまった 様々な形をした星たちが 非常に綺麗に光っていた 海の上でゆらいだりして
時計でもない崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志瞼の裏は暗闇の奥に 綺麗なホースをつくった その入り口から入る ゆめじゃなく ふつうの意識の表面で  あ、またも 白い葉脈に 身体を重ねて とける、憂いじゃない、虫でもない  レモンかじって朝を迎えた 君は笑っていた
龍の子崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志眠れない夜に 龍の子がのぼってゆく 寂しさを連れて 眠れない夜に 龍の子がのぼってゆく 寂しさを連れて  眠れない夜に 龍の子がのぼってゆく 寂しさを連れて 眠れない夜に 龍の子がのぼってゆく 寂しさを連れて
ソフト崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志柔らかな球体でキャッチボールをしよう この白い白い公園の隅で 昨日歩いていたら穴をみつけた 中は見ないことにした  嘘が成長して 一メートルを超えたころには 庭に咲いた偽善の花は もう枯れていた  死んでいく生き物の 墓場のように それが見えたからだと、今思う  両眼を開けて 爽やかな空間に 傷をつけないように 壊さないようにして  セピアの映像に色を与えよう その色も もうすぐなくなるだろうけど セピアの映像に色を与えよう その色も もうすぐなくなるだろうけど  青が群がって空を作ったころには 地上の重力がだんだん重くなって  死にたい一人の人間は、昔々重力から逃げて 太陽になった 太陽になった 太陽になった 太陽になった  両眼を開けて 爽やかな空間に 傷をつけないように 壊さないようにして 両眼を開けて 爽やかな空間に 傷をつけないように 壊さないようにして  ソっとしといて フっと見つめて 止まらない月への行進  ソっとしといて フっと見つめて 止まらない月への行進  両眼を開けて 爽やかな空間に 傷をつけないように 壊さないようにして 両眼を開けて 爽やかな空間に 傷をつけないように 壊さないようにして  両眼を開けて 爽やかな空間に 傷をつけないように 壊さないようにして 壊さないようにして
形のない乗り物で崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志山際 決まった形のない乗り物で すべっていく 頼りなく 宇宙が見えるでしょ それでも信じられなかったりするでしょう  ほんの少しだけさびしいな 霧が濃くなって忘れてしまう 大事なこと 大事な思い出 大事な人  短い道を通ってさよなら 短い道を通ってさよなら 短い道を通ってさよなら 短い道を通ってさよなら さよなら  山際 決まった形のない乗り物で すべっていく 頼りなく 体が空っぽ 帰るために乗る電車で ほどけた今日が 煙の様に泳いでいた  短い道を通ってさよなら 短い道を通ってさよなら 短い道を通ってさよなら 短い道を通ってさよなら さよなら  本能で辿って複雑な線を 本能で辿って複雑な線を  新品の意識が朦朧としていく 藍色の絵具が乾いていく 夜になる
旅の中で崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志水面にうつる風景 知らない街並 輝きゆれる波 最果てみたいな場所だ  うごめくきもちが このうごめくきもちは  今みえなかったものが 急に みえるような気がした 息をのむほど美しい 光が僕らをつらぬくようだ  この日常から逃げたいな この優しさはひつこいな もう一人にしてほしいわ なんて思ってる なんて思ってたんだ  うごめくきもちが このうごめくきもちは  なんだろうか 行き先はわからないままで あの人の顔が浮かんだり でも次の方向へ向かってるのはたしかだ  今 みえなかったものが 急に みえるような気がした あてのないこの旅路で 新しいなにかを掴み また始めよう
神経崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志息を吸うその背中 かすかな光が雨の線を浮き彫りにする 戻れないよ 破れた傘を燃やす  片目を閉じて 指の先から 冷たい空気裂いていく 片目を開ける 左肩に 虫の羽音を感じた  外気の流れに逆らうのは 僕の意志じゃない なにかで 人ごみを 駆け抜けるのさ 朝の月が綺麗だな  皮膚から変わる 中身は既に透明である 皮膚を通して伝わる  文字の断面を入れる  片耳閉じて骨の軸から 新たな雨を切っていく ハサミを使うことはない きもちくて あざやかに  外気の流れに逆らうのは 僕の意志じゃないなにかで 人ごみを駆け抜けるのさ 朝の月が綺麗だな
夏至崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志かなり前の 自分の中を透かして見た 新しい空気を 吸った僕だ 夢の中で 牙を剥いたあの人の顔 まだ覚えてる  そうだ 思い出した あの夏に 取り残されて 何年たったか 虫のように強く 果物のように美しい 君がいた 100年前だ  悲しみを含んだ 夏の光 束ねてみたら 光は消えた 今日の空は 鰐の背中みたいだな やけにさびしい 目の前に1人 灰色のシャツを着て 歩いている カラスが鳴く  そうだ思い出した あの夏に 取り残されて 何年たったか 獣のように繊細で 刃物のように綺麗な あの人がいた 過去の世界だ 過去の世界だ  あぁ また ここで気づいた あぁ もう 手遅れだった やさしすぎる記憶が こびりついて 離れない 不意に 強くなる風に 苛立ちを感じ とける壁に 体をあずけ ちへどを吐く
五月雨GOLD LYLIC崎山蒼志GOLD LYLIC崎山蒼志崎山蒼志崎山蒼志裸足のまま来てしまったようだ 東から走る魔法の夜 虫のように小さくて 炎のように熱い  すばらしき日々の途中 こびりつく不安定な夜に 美しい声の針を 静かに泪でぬらすように すばらしき日々の途中 こびりつく不安定な意味で 美しい声の針を 静かに泪でぬらして  意味のない僕らの 救えないほどの傷から 泪のあとから 悪い言葉で震える 黒くて静かな 何気ない会話に 刺されて今は痛いよ あなたが 針に見えてしまって  すばらしき日々の途中 こびりつく不安定な蒼に 全ての声の針を 静かに宇宙でぬらすように すばらしき日々の途中 こびりつく不安定な意味で 美しい声の針を 静かに泪でぬらして  意味のない僕らの 救えない程の傷から 泪のあとから 悪い言葉で震える 天使とぶざまな 救えない会話に刺されて今は 今ながれるこの頬は すべてを すべてを すべてを  冬 雪 濡れてとける君と 夜と春 走る君の汗が 夏へ急ぎだす  冬 雪 濡れてとける君と 夜と春 走る君の汗が 夏へ急ぎだす  急ぎだす 急ぎだす
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. リメンバー・ミー
  2. 音楽はいつまでも
  3. Bling-Bang-Bang-Born
  4. ファタール
  5. 新しい恋人達に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 伏線回収
  5. 図鑑

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×