試聴する

神経

この曲の表示回数 848
歌手:

崎山蒼志


作詞:

崎山蒼志


作曲:

崎山蒼志


息を吸うその背中
かすかな光が雨の線を浮き彫りにする
戻れないよ 破れた傘を燃やす

片目を閉じて 指の先から
冷たい空気裂いていく
片目を開ける 左肩に
虫の羽音を感じた

外気の流れに逆らうのは
僕の意志じゃない なにかで
人ごみを 駆け抜けるのさ
朝の月が綺麗だな

皮膚から変わる
中身は既に透明である
皮膚を通して伝わる

文字の断面を入れる

片耳閉じて骨の軸から
新たな雨を切っていく
ハサミを使うことはない
きもちくて あざやかに

外気の流れに逆らうのは
僕の意志じゃないなにかで
人ごみを駆け抜けるのさ
朝の月が綺麗だな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:神経 歌手:崎山蒼志

崎山蒼志の新着情報

  • 夏至 / ♪かなり前の自分の中を
  • 五月雨 / ♪裸足のまま来てしまったようだ

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-09-12
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP