試聴する

塔と海

この曲の表示回数 340
歌手:

崎山蒼志


作詞:

崎山蒼志


作曲:

崎山蒼志


模範的な夜の森林をくぐり抜けて
大きなトンネルを通過したら
人工的な塔が見える
悲し気な光に照らされている

体内には知らない異物感
マンホールの下には桜があって
巨大な轟き 遠い未来から大木の様
そして今公園から流れる熱い泥
とかされそうさ

真っ青な海に飛び込んで
知った 世界だから
傷つき わからないことだらけで
ここまできてしまった
様々な形をした星たちが
非常に綺麗に光っていた
海の上でゆらいだりして

テレビつけて知る
行き場の無い怒りおぼえて
「だれも救われないじゃない」
と呟き 部屋を出る君
「本当にそうだね」と呟く頭の中
なぜ定期的に起こってしまうの
そういった人が出てきてしまうの
不安と比例する恐怖、怒り
今日も雨が降っている

真っ青な海に飛び込んで
知った 世界だから
傷つき わからないことだらけで
ここまできてしまった
様々な形をした星たちが
非常に綺麗に光っていた
海の上でゆらいだりして
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:塔と海 歌手:崎山蒼志

崎山蒼志の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:SLRL-10036
ソニーミュージックアーティスツ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP