泡みたく輝いて

この曲の表示回数 555
歌手:

崎山蒼志


作詞:

崎山蒼志


作曲:

崎山蒼志


優しさってなんだろうね
真夜中に考えてもわからないね
形を探して無駄を食べ合って
はしゃぐ うるさい街の
静かなこの部屋で

かつてを駆け巡り笑う僕らを
眺めて泣く
濁り狂う時代に 足をつけて
あなたが笑う 時間は進む

優しさってなんだろうね
答えなんてないんだろうけど
まだ考えてる
姿、形を今も探してる
うるさい街の ひとりのこの部屋で

かつてを駆け巡り笑う僕らを
眺めて泣く
濁り狂う時代に 足をつけて
あなたが笑う 時間は進む

淡く燃えてく記憶が
僕らを包んでく
ほらたしかに そこに在ったから
僕らの 場所が 君が

優しさってなんだろうね
真夜中に考えてもわからないね
形を探して無駄を食べ合って
はしゃぐ うるさい街の
静かなこの部屋で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:泡みたく輝いて 歌手:崎山蒼志

崎山蒼志の新着情報

  • 烈走新着 / ♪肉体通り越すスピードで
  •  / ♪時を止める僕らだけの
  • 塔と海 / ♪模範的な夜の森林を
  • 時計でもない / ♪瞼の裏は暗闇の奥に
  • 龍の子 / ♪眠れない夜に龍の子が

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-15

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP