LIVE REPORT

超特急 ライヴレポート

超特急 ライヴレポート

【超特急 ライヴレポート】 『コント×超特急 其之弐 ~初キス大作戦~』 2021年7月27日 at ヒューリックホール東京

2021年07月27日@

取材:清水素子

2021.07.29

表現者としての幅を広げるため、そして、より豊かなエンターテイメントを人々に届けるために、超特急の5人が歌とダンスの次に選んだ手法は、なんとコント! コント界での一流スタッフ陣とタッグを組み、今年4月には『コント×超特急』の名でお披露目公演を実施した。この『コント×超特急 其ノ弐 ~初キス大作戦~』はその第二弾であるが、新型コロナ感染拡大の影響を受けて前回は急遽配信に切り替えられたため、有観客での公演は今回が初。タイトルは前回の公演でタクヤとのキスシーンもあったにもかかわらず、“なんで芸能界初キスをコントでしなきゃならないんだ!”と拒否したリョウガに、絶対にキスさせてやろうとスタッフが設定したものだという。当然、開催2日間のチケットは即日完売。熱気がムンムンに満ちる中、5人はさらにスキルアップした丁々発止のパフォーマンスと念願の初キスで、ファンである8号車を笑いと歓喜のジェットコースターに乗せた。

まずはカイ、リョウガ、ユーキ演じる3人のチャラ男がダジャレを繰り出す喫茶店の場面からライヴはスタート。そこから電話口のタカシから勧められた映画を観に行くことになる展開は前回を踏襲したものだが、息もつかせぬスピードでダジャレを畳みかけるテンポの良さは前回以上だ。また、突発的に出た“妹分の踊り子”というワードから、リョウガが実際に同じ事務所の後輩であるときめき(ハートマーク)宣伝部の曲を歌ったりと、アドリブ力も確実にグレードアップしている。

そんな彼らが観に行った『五等分の花婿』という、どこかで聞いたことのあるような映画のストーリーが、今回の公演の本筋だ。YouTuberとして活動する五つ子ユニットのもとに、チャンネル登録者数10万人を達成させるべく家庭教師に入ったのは、リョウガ演じる下柳雨太郎。そんな彼を巡って、タカシ演じるインテリ眼鏡の一郎を筆頭に、雨太郎に反抗的な態度をとる二郎(タクヤ)、極端なズーズー弁で雨太郎を“アム太郎”呼びする三郎(カイ)、天真爛漫で愛嬌いっぱいの四郎(ユーキ)が、てんやわんやの大騒ぎを繰り広げる...というのが大まかなあらすじだ。まずは視聴数を稼げる動画を撮るべく、『全力まるまる』動画に挑戦する5人の姿が舞台上のスクリーンに大写しになると、“全力キス顔”で唇を限界まで突き出すリョウガや、続く『爆速動画』で小梅太夫+ムーンウォークという離れ業をやってのけたユーキに、客席から割れんばかりの拍手が。さらにタクヤはジョイマンのラップネタ、カイはレギュラーの“あるある探検隊”を爆速でものまねし、タカシは3倍速で「きよしのズンドコ節」を歌い上げるという体当たりのパフォーマンスには、“ここまでやるか!?”と脱帽だ。

ここで『FIRST TAKE』なる映像が流れ、マイクに向かって5人が順番に“全力アントニオ猪木”を披露。勢いがつきすぎてヘッドホンを落とすユーキのドジっ子ぶりは、さすがとしか言いようがない。その後も雨太郎のインタビュー動画だったり、前回カイが爆誕させた謎の美容師“鬼目つけ彦”など、転換時にはさまざまな映像がインサート。2時間近くにわたるステージに一瞬も退屈することなく集中し続けられたのは、こういった空白の時間を作らない構成のおかげも大きいだろう。

物語の本筋に戻り、「ズンドコ節」のものまねが買われて“似川きよし”としてデビューすることになった一郎を取り戻そうと、ものまねパブに他3人の兄弟が乗り込んでくるシーンでは、カイのアドリブにタクヤ、ユーキが速攻で続くナイストライも。動画を撮るため渋谷の街に出た雨太郎と二郎による街頭インタビューでは、ぶっといゴムを頭に巻く荒業で“世界線の違う五条 悟”とリョウガに言わしめたユーキ、腹話術人形を彷彿させる笑いと顔芸で場の空気を冷やすカイ、時を超えたヤマンバGALで二郎の心を掴んだタカシと、“ヤバい人たち”が大集合。普段のステージで魅せるカッコ良さは封印して、オーディエンスを爆笑の渦に叩き込む振り切れたキャラ造形に、5人のコントへの覚悟がうかがえる。

登録者数10万人を目指して、あの手この手を尽くす雨太郎に兄弟たちは心を開き、それぞれに雨太郎への恋心を自覚。順に雨太郎――即ちリョウガの好きなところを順に挙げてゆく完全アドリブシーンでは、“リハーサルで僕がミスしたら、真剣に怒ってアツくなる”(ユーキ)、“8号車の前でだけ香水をつける”(カイ)等の嬉しい暴露から絶対に書けない爆弾発言まで飛び出して、客席をどよめかせた。そこに現れた雨太郎に兄弟たちは我先にと抱きつき、謎の誕生日プレゼントを捧げてから“蕎麦屋でうどん”“真夏でニット帽”等、“MAJIなんなんだ”と思う事柄を挙げていくシーンも。さらに、ずっと部屋に引きこもりながらも、覆面アーティスト“夜のダンスタイムがずっと続けばいいのに”(以下、夜ダン)として活躍し、ヒット曲「MAJIなんなんだ」を持つ五郎も登場して、映像で「MAJIなんなんだ part2」を初公開する。“夜ダン”も「MAJIなんなんだ」も、前回公演に引き続いてのモチーフだけあり、客席の8号車もノリノリだ。

そして半年が絶ち、ついに雨太郎が家庭教師を終える日がやってくるが、チャンネル登録者数はわずかに10万人に届かず。項垂れる兄弟ひとりひとりに、雨太郎は“ひとりで抱え込まずに弟たちを頼れ”(一郎)、“人に流されない強さと、兄弟を守るアツい心を忘れないで”(二郎)、“お調子者だけど自信がないのは期待に応えたいという気持ちの表れ。思いっきりの笑顔でいてほしい”(三郎)、“新しいものを受け入れる懐とやさしさがあって、その明るさに助けられた”(四郎)と、温かい言葉を贈った。それは超特急のリーダー・リョウガから、それぞれのキャラを演じるメンバーへのリアルなメッセージのようにも感じられ、8号車も固唾を飲んで行方を見守る...と、なんとここで4人から雨太郎への告白対決が開始! 選ばれるとキスができるということで、メンバーも驚く本気の泣き落としで迫る一郎、“ハム太郎”の訛りが遂には“すぱじろう”や“キャベツ太郎(!?)”になってしまう三郎など、それぞれが“お願いします!”と腕を伸ばした中、27日の公演で選ばれたのは四郎。リハで怒ってしまったことに対する仲直りのキスと理由を述べると、四郎...ならぬユーキの“アツーいキスください!”という言葉にリョウガは応え、そのあまりの熱烈さにユーキは床に倒れ込んでしまったほどだ。ちなみに初日に選ばれたのは二郎で、前回公演からのスタッフ陣の悲願がめでたく叶ったことも伝えておきたい。

最後は前回も出てきた音楽番組『MUSIC AIRPORT』が始まり、タカシが歌、リョウガがキーボードを担当する夜ダンが登場して、「MAJIなんなんだ part2」をシュールなダンスも交えて全員で生披露。どこかで見たことのあるようなカイの司会、ユーキの女性アシスタントとしての振る舞いも相変わらず絶妙で、キャラクター描写のうまさには舌を巻く。ゲストとして某俳優に挑んだタクヤの捨て身のパフォーマンスも、まさにコント公演ならでは。“前回よりパワーアップして、コントに対してステップアップできた”という締め括りの言葉も納得だ。タカシに至っては“コントと言えば超特急と言ってもらえるようになりたい。ステージも1部が音楽ライヴで2部がコントとか!”と大胆発言して、“せめて逆にして”とメンバーを呆れさせる。そして、『コント×超特急』で主役の座を確立しつつあるリョウガは、“生で観ている8号車がいると空気が違う。緊張もあるけれど、みなさんが笑ってくださるから、これからも挑戦できる”とコメント。実際、雨太郎を巡る兄弟の物語にストーリーの主軸を絞り、飛び道具的な笑いを交えながらも本筋から逸脱しない潔い構成、それに応えた5人のスピード感ある台詞運びと互いへの素早いリアクションは、コントに対する彼らの“本気度”を窺わせるに十分なものだった。

笑顔と元気を届けたいという超特急の根本理念を叶えるのに、コントもまた有用なのは疑問の余地なし。これからも笑いを通して、我々にポジティヴなエネルギーを注ぎ込んでくれることを期待したい。

取材:清水素子

超特急

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得! 18年12月には念願のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴを成功させ、19年12月〜20年1月にはグループ史上最大規模のアリーナツアーを、20年12月にはグループ史上最大スケールのオンラインライヴを、そして21年6月には神奈川・ぴあアリーナMMにて3日間にわたる有観客ライヴを成功させた。

関連ライブレポート

注目度ランキングRANKING

  1. なにやってもうまくいかない

    meiyo

  2. PARTY

    OWV

  3. 食べた愛

    aiko

  4. CHASER

    OWV

  5. うたをうたお

    C&K

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成