LIVE REPORT

超特急 ライヴレポート ライブレポート

超特急 ライヴレポート

【超特急 ライヴレポート】 『“超”超フェス』 2018年8月9日 at 東京国際フォーラム ホールA

2018年08月09日@

撮影:米山三郎、深野輝美、冨田 望/取材:吉田可奈

2018.08.10

6人組ダンスヴォーカルグループ超特急がホストを務める『“超”超フェス』。2日目となるこの日は、“超ゲスト”としてFLYING KIDSとDJ和、ベリーグッドマンとジャンルを超えた3組が登場。今年のテーマは“夏祭り”。ステージには“超祭”と書かれたやぐらが組まれ、“8号車”こと彼らのファンも、浴衣に身を包んだ人や、法被を着た人が目立つ。開演時間前からすでにテンションが上がっている会場のライトが消灯し、やぐらの上から6人が勢いよく登場!

新曲「Jesus」を全力で披露し、スタートからアクセル全開! すでに8号車(ファンの呼称)は振り付けが完璧で、最初から会場はひとつに。興奮冷めやらぬままMCタイムに突入。前日が台風だったこともあり、タクヤが“来てくれてありがとうね”とやさしく言うと、対抗するようにリョウガが“本当にありがとう”とイケボで話しかけ、ふたりが喧嘩のように顔を合わせる小芝居も大ウケ。さらにテーマに引っ掛け、メンバーそれぞれが好きな屋台を発表すると会場は大盛り上がり。そしてカイが“カッコ良すぎる”と話すFLYING KIDSを紹介。

『“超”超フェス』の法被を着たヴォーカルの浜崎貴司の“盛りあがっていこうね~!”の声とともにFLYING KIDSが登場。ソウルフルなヴォーカルと、気持ちの良いグルービーな音楽で会場を包み込みながらも、ファンキーな歌で踊らせるところはさすが。浜崎は法被と麦わらのハット姿で“どうですか、この法被! 的屋のおじさんみたいでしょ?”と言うと会場は大爆笑。“大人の階段を上りすぎたオレたちだけど、盛り上げてね!”と「ファンキースター」を歌い出すと超特急のメンバーも登場。いつものダンスとは違う、ファンキーで少し妖艶なダンスを観せ、バックヴォーカルのタカシは浜崎とともにハモりを聞かせるなど、新たな魅力を開花させていた。その後、タカシに浜崎が“俺もタカシなんだよ”と言うと、会場から浜崎へ“タカシ”コールが。浜崎は笑いながらも投げキッスをして“一生忘れない”と話し、世代を超えて愛される名曲「幸せであるように」「風の吹き抜ける場所へ」を歌いステージを後にした。

続くDJ和は「HOT LIMIT」(T.M.Revolution)「EZ DO DANCE -K.O.P. REMIX-」(仁科カヅキ(増田俊樹)&大和アレクサンダー(武内駿輔))「女々しくて(ゴールデンボンバー)」などテンション爆上げな楽曲を流し、「夏祭り」(Whiteberry)や「ハム太郎とっとこうた」(ハムちゃんず)では会場全員を大熱唱させるなど、さすがの腕前。「urtra soul」(B'z)では全員が飛び会場はものすごい揺れ、テンションが最高潮になった瞬間、「夏色えがおで1,2,Jump!」(μ's)が始まると、リョウガが秋葉原のオタクファッションで登場。そのままキレのあるダンスを観せ、次の「帰り道」(八九寺真宵(加藤英美里))ではとユーキがまたオタクファッションで客席に登場。そのまま嬉しそうにダンスを踊り、「千本桜」ではふたり揃ってやぐらに上がりサイリウムを持ちキレッキレのオタ芸を披露。途中サイリウムが飛ぶというアクシデントもありながらもやり遂げ、完全燃焼。華麗な技を観せたかと思えば、ふとふたりで“アニメ観よ~”とつぶやきながら去っていくところも含めて会場の爆笑を誘った。

ベリーグッドマンは一気に会場を巻き込むスタイルで「まずはそこから」「Brand New World」を披露し、勢いの良い歌ながら泣かせるような応援歌「ライトスタンド」で一気に8号車の心をかっさらう。「Vibes UP!!」ではタオルを持った超特急のメンバーが登場してブレイクダンスを観せるなど、ステージの上は大騒ぎ! 全員が本当に楽しそうに絡み合っている姿は笑顔を伝染させ、会場中をハッピーな空気で包んだ。超特急のメンバーが去ったあとも、フリースタイルの自己紹介や、最高に盛り上がるコール&レスポンスで温度を少しも下げることなく、むしろ上げたまま超特急へとバトンタッチ。

法被をきて登場した超特急は、ふたりずつおんぶするファンサービス満載の振り付けと、サンシャイン池崎も顔負けのユースケの雄叫びが印象的な「バッタマン」、「Booster」では妖艶かつクールな一面を観せるダンスとユーキのアクロバットに目と心を奪われる。MCではリョウガとユーキのオタ芸をメンバーみんなで絶賛し、ユースケがベリーグッドマンのコール&レスポンスを真似し、カイが堂々と“パクります”と宣言するなど、この日を振り返った。続く「up to you」では揃ったフォーメーションダンスを観せ、「超越マイウェイ」では8号車の声援に押されるように歌い上げ、この日一番の一体感を生み出した。本編最後に「SAIKOU KOUSHIN」を歌い、まさに最高を更新した彼らは最高の笑顔でステージを去った。

すぐにアンコールの声が会場中に響き、激しいダンスとアクロバットを取り入れた「SAY NO」「Burn!」を披露。最後にユースケが興奮したまま“ツアー楽しみ!”と叫んだのは心からの声だろう。

ラストは“超ゲスト”の3組が改めて登場。「浮つきWAVES」を全員とコラボレーション。ステージの端までこの日のキャストたちが登場し、最高に盛り上がったまま、フェスは終了した。最後にカイが年末のツアーを告知し、来年もこのフェスをやりたいと宣言。ジャンルレスながらも、超特急を通して、いろんな音楽の楽しさを味わえるこのフェスが、来年はどんな輝きを観せてくれるのか、今から楽しみになるような1日だった。

撮影:米山三郎、深野輝美、冨田 望/取材:吉田可奈

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    【超特急】

  2. 3

    【FLYING KIDS】

  3. 5

    2.新・我思うゆえに我あり

  4. 9

    【DJ和】

  5. 10

    ~DJパフォーマンス~

  6. 11

    【ベリーグッドマン】

  7. 16

    5.ライオン(2018New Ver.)

  8. 19

    【超特急】

  9. 21

    2.Booster

  10. 23

    4.超絶マイウェイ

  11. 25

    6.SAIKOU KOUSHIN

  12. 26

    <ENCORE>

  13. 27

    1.SAYNO

関連ライブレポート

twitter Facebok google+