MACO

これからもきっと、つまづいてばかりだけど、愛させてよずっと。

 シンガーソングライター“MACO”が、新曲「恋の道」を2017年6月7日に配信限定シングルとしてリリースすることを発表!この曲は、武井咲さんが出演しているJTB『知ることは、出会うこと。シンガポール編』CMソングとして流れております。大切な人と一緒に歩んでゆく長い長い「恋の道」を“旅”に重ねたラブソング…。今日のうたコラムでは、そんな歌詞をご紹介いたします。

茜色の空は今日もすごく綺麗で
この先何回君と観れるかな
願いを込めた夜
二人の鼓動のリズム
重なる思いを胸に焼き付けて

行こう二人だけの恋道
これからもきっと
つまづいてばかりだけど
愛させてよずっと
風が運んでくれた出会い
ぎゅっと抱きしめよう
夢見た未来
身を任せ旅に出よう
「恋の道」/MACO

 冒頭の<茜色の空は今日もすごく綺麗で>というひとフレーズだけで、この主人公が、今日も昨日も一昨日も、何度も“君”と美しい空を見つめてきたのだという背景が見えてきますね。その度に、愛する気持ちをかみ締めてきたのでしょう。また<これからもきっと つまづいてばかりだけど>とも綴られていることから、良いことばかりではなく、小さなケンカも越えてきた二人であることがわかります。
 
 <風が運んでくれた出会い>があって、<願いを込めた夜>があって、“今ココ”にたどり着くまで、二人が歩んできた軌跡。そして“今ココ”からも続いてゆく旅。その過去も現在も未来もすべて「恋の道」というタイトルに込められているのです。

あれもこれも全部
いつか忘れるのかな
おとといのキスも
ささいな幸せも
心が通えば
君の目は優しく笑う
見えない不安は私に預けて
「恋の道」/MACO

 歌詞の中にはこのような言葉も。時間が経つことで今の気持ちが薄れてしまうのではないか、相手への感謝や愛しさを忘れ、その存在を当たり前に思ったり思われたりするようになるのではないか、という不安から生まれる思いでしょう。たしかに“記憶”は忘れてしまうかもしれません。でもそれはきっと、振り返ってみても見えないくらいに遠くまで恋の道を歩いてきたから。忘れたものを取りに戻るのではなく、また“今ココ”から新しい<あれもこれも全部>作っていけばいいのです。

「JTBさんのCMソングのお話をもらった時、CMテーマが『知ることは、出会うこと。』だったんです。恋をすると、知らない自分に出会ったりすることがあるな、とその時自分とそのテーマが重なって。私は今まで何度もインタビューなどで言わせて頂いてるんですが、恋はいくつになっても初恋だと思うんです。相手の知らなかった優しい所、小さな癖、驚くような言動など、気付いた時にまたふりだしに戻って恋をしてる、それはまた新しい出会いなんだな、と思い、素敵なテーマのもと歌詞を書かせて頂きました。」(MACO)

 尚、MACOは「恋の道」についてこのようにコメントしております。恋はいくつになっても初恋。その言葉からは、彼女の代表曲「LOVE」に綴られている<あなたが言った好きって言葉が 心に響くの まるで、はじめて言われたみたいに>というフレーズも思い出されます。「恋の道」の二人は、これからもっともっとたくさんの時間を重ねていくことでしょう。そのなかで、何度でも新しく相手を知り、新しく相手に恋をすることができたら素敵ですよね…!

行こう二人だけの恋道
険しいときでも
どんなことが起こっても
側にいるよずっと
長いアルバムの1ページ
少しずつ埋めよう
夢見た未来
君がいればそれでいい
「恋の道」/MACO

 さて、配信限定シングルリリースの決定を受けて、今まで楽曲の一部のみ公開となっていた歌詞がフル公開スタート!心がホッと温かくなり、大切な人と旅に出かけたくなるような楽曲「恋の道」をご堪能ください♪
CDジャケット写真も公開され、海をバックに軽やかに歩くMACOが初夏の到来を告げてくれているようです!
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
MACOのうたコラム一覧