試聴する

出世船唄

この曲の表示回数 4,962
歌手:

北見恭子


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


出船の舳で 一升壜[いっしょうびん]が
はじけてまっ赤な 旭日が昇る
お守り袋に 子供らの
写真を忍ばせ 赤道こえる
いってくるぜ いってくるぜ
はるか地球の 裏側へ

毛蟹で稼いで ニシンで当てた
思い出噺に 生きてる親父
明日は倅に まかせてよ
待っていてくれ 大漁便り
それでいいさ それでいいさ
好きな酒でも やりながら

時計を合わせて 別れる女房
0時を合図に 逢おうよ夢で
俺らの目宛ては 黒マグロ
船底いっぱい 土産を積んで
あふくろさんの あふくろさんの
古希の祝いを してやるぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:出世船唄 歌手:北見恭子

北見恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-07-20
商品番号:COCA-13524
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP