勘太郎月夜唄

この曲の表示回数 12,315
歌手:

島津亜矢


作詞:

佐伯孝夫


作曲:

清水保雄


影か柳か 勘太郎さんか
伊那は七谷(ななたに) 糸ひく煙り
棄てて別れた 故郷の月に
しのぶ今宵の ほととぎす

「広い世間をななめに渡る
馬鹿な旅笠詰め合羽
堪忍しておくんなさい
やくざはやくざらしく
心にだけは
絹のさらしを 巻いております」

形(なり)はやくざに やつれていても
月よ見てくれ 心の錦
生まれ変って 天竜の水に
うつす男の 晴姿

菊は栄える 葵は枯れる
桑を摘む頃 逢おうじゃないか
霧に消えゆく 一本刀
泣いて見送る 紅つつじ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:勘太郎月夜唄 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-30844
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP