流転

この曲の表示回数 9,064
歌手:

島津亜矢


作詞:

藤田まさと


作曲:

阿部武雄


「この裏通りは
どこまで続いているのかと
伺いましたら
あの世までだと
世間さまが教えてくれました」

男命を みすじの糸に
かけて三七(さんしち) 二十一目(さいのめ)くずれ
浮世かるたの 浮世かるたの
浮沈み

どうせ一度は あの世とやらへ
落ちて流れて 行く身じゃないか
鳴くな夜明けの 鳴くな夜明けの
渡り鳥

「お袋さんから
せっかく貰った五尺の身体(からだ)も
いつか崩れて三味線やくざ
とんだバチ当りでござんすが
男の意地と あったけえ
涙の一粒ぐれえは 大事に
持っていてえもんでございます」

意地は男よ 情は女子
ままになるなら 男を捨てて
俺も生きたや 俺も生きたや
恋のため
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流転 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-30844
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP