夢ほのぼの

この曲の表示回数 8,427
歌手:

天地真理


作詞:

橋本淳


作曲:

小林亜星


坂道を登ればアパートの灯りが
木枯しにふるえて淋しくゆれていた
幸せをねだることさえ
知らない私が悲しくて
ひとり寝の夜なら来ないで

仲のいいあの娘と女同志で話した
恋人が出来たら別れて暮らそうねと
ひざを組み湯上りのまま
髪をとくあの娘(こ)がまぶしい
あなたの面影がちらちら

花模様の寝間着が似合わない年頃
真夜中に目覚めて心も風邪ひいたわ
故郷(ふるさと)に帰るつもりも
今更私はないけれど
ひとり寝の夜なら来ないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢ほのぼの 歌手:天地真理

天地真理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-08-19
商品番号:MHCL-20074
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP