桃色鴉

この曲の表示回数 9,804
歌手:

島津亜矢


作詞:

星野哲郎


作曲:

村沢良介


二度や三度の 桃色話
あってよさそな 年頃を
男嫌いで 通したけれど
惚れました 惚れました
流れ流れて やっと見つけた
ああ… あんたが命

色も盛りの 桃色桜(ざくら)
安く散るのは まっぴらと
粋(いき)に構(かま)えて 生きてたけれど
落ちました 落ちました
好きと言わずに 好きと言わせる
ああ… あんたの胸に

旅が塒(ねぐら)の 桃色鴉(がらす)
夢を持たなきゃ 渡れない
殺し文句も 呉れないけれど
惚れました 惚れました
女心の 底の底まで
ああ… あんたが命
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桃色鴉 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

  •  / ♪誰もほんとはないものねだり
  • 恋花彩々 / ♪色のいの字と命のいの字
  • 命の別名 / ♪知らない言葉を覚えるたびに
  • 最後の雨 / ♪さよなら呟く君が僕の傘残して
  • じれったい / ♪わからずやの濡れたくちびるで

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-21
商品番号:TECA-30713
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP