木曽川しぐれ

この曲の表示回数 25,674
歌手:

川中美幸


作詞:

水木れいじ


作曲:

弦哲也


旅に身をひく 女の肩に
俄か雨ふる 馬籠の峠
さだめという名の この橋渡り
強く生きると 決めたのに……
憎い恋しい 面影ゆれて
今日も 今日も泣かせる
木曽川しぐれ

鳥居峠も ふたりで来れば
つげの櫛など 買ったでしょうね
別れのまぎわに 笑って見せた
あれは女の 意地でした……
すがりたい手を なぜ離したと
責めて 責めているよな
木曽川しぐれ

ひとり泊りの 妻籠の宿に
咲いて哀しい ゆうすげの花
酔うほどせつない あなたが欲しい
夢で逢うのも 罪ですね……
みれん灯りか 千本格子
濡れて 濡れて誰待つ
木曽川しぐれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木曽川しぐれ 歌手:川中美幸

川中美幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:TECE-48866
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP