ヘドがでるほど青い空

この曲の表示回数 6,801
歌手:

STANCE PUNKS


作詞:

TSURU


作曲:

TSURU


きっといつかは知るだろう 意味のない敗北
弱い奴らが泣けば 弱い奴が笑ってる
確実に存在する むきだしの疑問符
ねじれながら前へ行く ずっと夢うつつのまま
目に映るものだけが 正しいんじゃないから
ポケットの中にそっと ピストルを隠していた
ヘドがでるほど青いよ 空がこんなに青いよ
あんまりにも青いから 少し恥ずかしくなった

君はもう夜にはじかれ 姿も見えなくなった
僕はあの頃と何も変わってなかった
傷みの雨の中 ふいに頭をよぎった
ひとくぎりついたら いつか君に会いに行こう

終わりそうになる前に かけがえのない毎日を
一つの花が散れば また新しい花が何処かに咲くよ
ヘドがでるほど青いよ 空がこんなに青いよ
あんまりにも青いから少し恥ずかしくなった

僕が生きてる間に いろんな人が死んだよ
背中に突き刺さる かすれた夢のかけら
いつか巡り会えたなら 手をとりあって行こう
きっと僕らの知らない 素晴らしい世界がある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ヘドがでるほど青い空 歌手:STANCE PUNKS

STANCE PUNKSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-10-26
商品番号:DYCL-2003
Dynamord Label

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP