夜の片輪車

この曲の表示回数 5,907

通り過ぎた夏の幻が夜の風に吹かれて僕を呼んでいる
水銀灯に照らしだされたのは
雨に濡れた歩道橋の一番冷たい所

暖かい声、僕は噛み締めるよ
いつしか世界が僕の片端な心を引き裂いても
微唾む時間に心の空白を埋める作業を繰り返して
…また朝が来る

木枯らし吹き曝せば浮き彫りになる現実が
息苦しい毎日を突き付けても
君と過ごした夏の星空の下 確かに僕らは笑っていた

僕らの声よ夜に響き渡れ 綺麗な言葉で汚されてしまう前に
僕らの歌よ空に響き渡れ 君が詠ったあの詩は今も胸の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜の片輪車 歌手:STANCE PUNKS

STANCE PUNKSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-04-10
商品番号:DYCL-1003
Dynamord Label

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP