すべての若きクソ野郎

この曲の表示回数 11,898
歌手:

STANCE PUNKS


作詞:

TSURU


作曲:

TSURU


あいつに裏切られた日 あの娘がいなくなった日
握りしめた手を離したら 遅い空に消えてく
無理矢理つめこまれた くだらない現実より
君に殴られた夜の方が 本当に痛かった

いつか僕らが大人になっても 決して忘れないから

すべての若きクソ野郎どもに願う
間違えたっていいんだ 君らしく叫んでやれ

辛かった時もあるさ 電信柱の下にうずくまったよ
力が無くて涙がこぼれたんだね
どんなにもがいてみても うまくいかない時もある
それでも僕は笑いとばすよ 最低の毎日を

いつか僕らが大人になっても 決して忘れないから

すべての若きクソ野郎どもに願う
間違えたっていいんだ 君らしく叫んでやれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:すべての若きクソ野郎 歌手:STANCE PUNKS

STANCE PUNKSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-08-21
商品番号:DYCL-8969
Dynamord Label

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP