俺の出番が来たようだ

この曲の表示回数 13,246
歌手:

三門忠司


作詞:

鳥井実


作曲:

岡千秋


肩を寄せ合い 世間の隅で
涙こらえて ひっそり生きて来た
惚れた女に一度だけ
見せてやりたい 幸せを
俺の出番が 来たようだ 来たようだ

噛んでこらえた 堪忍袋
我慢出来ずに 破れることもある
何度みただろ あっただろう
咲かず仕舞いで 散った花
俺の出番が 来たようだ 来たようだ

ひとっふたつと 数えてみたら
数え切れない 苦労の数がある
檜舞台で 死ねるなら
義理と人情の 花道に
俺の出番が 来たようだ 来たようだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:俺の出番が来たようだ 歌手:三門忠司

三門忠司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-26
商品番号:TECE-30795
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP