俺の出番が来たようだ

三門忠司

俺の出番が来たようだ

作詞:鳥井実
作曲:岡千秋
発売日:2008/11/26
この曲の表示回数:16,899回

俺の出番が来たようだ
肩を寄せ合い 世間の隅で
涙こらえて ひっそり生きて来た
惚れた女に一度だけ
見せてやりたい 幸せを
俺の出番が 来たようだ 来たようだ

噛んでこらえた 堪忍袋
我慢出来ずに 破れることもある
何度みただろ あっただろう
咲かず仕舞いで 散った花
俺の出番が 来たようだ 来たようだ

ひとっふたつと 数えてみたら
数え切れない 苦労の数がある
檜舞台で 死ねるなら
義理と人情の 花道に
俺の出番が 来たようだ 来たようだ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません