試聴する

クローバー

この曲の表示回数 5,850
歌手:

東京60WATTS


作詞:

大川毅


作曲:

杉浦琢雄


風はそっと僕の退屈を優しく運んで
陽のあたる斜面に寝転んでひとやすみ
いくらあったって時間が足らなかったふたりに
今この瞬間を少し分けてあげたいな

色づいた季節がやけにまぶしくって
僕の手のひらでくるくる回ってからまわるよ

単純な言葉ほどいっぱいの気持ちがつまってるんだ
ちょっとだけ悲しくて まだうまく言えないけど
だんだん遠くなってゆく そのうちにやっと気づいたんだ
ずっとこれから君とあんな風に笑えないんだねクローバー

ひとつめは君でふたつめは僕でみっつそろえば幸せで
それだけで十分さ もうひとつは探していこう

はだしにスニーカーで土手を転がり落ちて
君の手の鳴る方へかけ上がって息切らして

大切なことは全部手に入れようって欲張らないことさ
きっとあとひとつ足りないくらいがよかったんだねクローバー

風に吹かれて舞い上がれ 君はクローバー
ずっと元気で笑っていてくれますように

簡単に散らかっていく部屋のすみっこにうもれてたんだ
ほっとかれてしおれそうな ふたりの探してたクローバー
だんだん遠くなっていく そのうちにやっと気づいたんだ
ずっとこれから君とあんな風に笑えないんだね
だんだん遠ざかってゆく 今本当に思ってるんだ
ずっとこれから君の幸せを願うんだろクローバー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クローバー 歌手:東京60WATTS

東京60WATTSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP