試聴する

サマータイムブルース

この曲の表示回数 8,516
歌手:

東京60WATTS


作詞:

大川毅


作曲:

大川毅


駅までの長い坂道をのぼったりくだったりしながら
僕らやっとここまで辿り着いた
汗が目のなかにあふれてる言い訳のできない
下り坂僕ら笑い転げて落ちていく

あっという間の今日がスピード上げて
広げた手のひらをすり抜ける

風が吹いてTシャツが汗を吸い込んでいくように
毎日が動いていた

くだらない冗談や嘘や下ネタだらけの毎日が
雨に突然流される
空はやがて雲を巻き込んで伏し目がちな太陽は遠く
大きなビルの陰に消える

ここら辺でもうどうかと疲れた昼間が
窓の隙間にぶら下がる

夕暮れ僕らコンビニの光もとめて走る
風に乗って夜の街に飛び降りた

風が吹いてTシャツが汗を吸い込んでいくような
そんな気分のいい季節がくると
僕らもっと何かしないと損をするようで
あせりながら毎日は動いていく

駅までの長い坂道をひび割れたアスファルトを僕ら
ゆっくりとゆっくりと駆け出した
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:サマータイムブルース 歌手:東京60WATTS

東京60WATTSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP