試聴する

はまなす母情

この曲の表示回数 19,878
歌手:

山内惠介


作詞:

木下龍太郎


作曲:

水森英夫


旅の途中で 目に止めた
浜に咲いてる 北の花
幼ごころに 美しかった
母が差してた 口紅(べに)の色
想いはめぐるよ…
赤いはまなす 北の花

そっと触れれば 指を刺す
棘(とげ)を隠した 砂の花
可愛いからこそ 厳しく叱る
母の言葉は 裏返し
心が痛むよ…
赤いはまなす 砂の花

霧が残した 露ひとつ
抱いて揺れてる 北の花
旅の支度を 手伝いながら
母が落した ひとしずく
あの日が浮かぶよ…
赤いはまなす 北の花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はまなす母情 歌手:山内惠介

山内惠介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/01/19
商品番号:VICL-35766
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP