アモーレ ~はげしく愛して~

この曲の表示回数 25,082
歌手:

桂銀淑


作詞:

阿久悠


作曲:

浜圭介


あの頃は愛だとも知らないで
おたがいの人生を選んでた
陽のあたる坂道に咲く花が
しあわせと思いつつ歩いてた
一年は 悲しみも おぼえずに過ぎてゆき
三年で 真実に気がついた
アモーレ 愛して こころを燃やすくちづけ
アモーレ 泣かせて からだが痩(や)せていいから

横顔に過ぎ去った歳月(としつき)が
憂(うれ)いまで知るひとになっていた
今ならばおたがいに寄りそって
雨の日も 風の日も生きられる
一年を 惜しみつつ 取り戻す情熱や
三年を 駆け戻るはげしさや
アモーレ 愛して 朝 昼 夜も夢見て
アモーレ 泣かせて 何度も甘い言葉で

アモーレ 愛して あなたはあなた一人よ
アモーレ 泣かせて わたしはわたし一人よ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アモーレ ~はげしく愛して~ 歌手:桂銀淑

桂銀淑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-01-25
商品番号:TACL-2432
ニュートーラス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP