試聴する

ヒメゴト花火

この曲の表示回数 12,876

去年の夏の出来事など この浴衣も憶えてないわ
それよりも艶やかな花火が空を飾るわ
指の糸が絡まないように ひとごみをすり抜けて行こう
私とあなたの恋を祝福されにでかけるの

皆は私の足取りを笑います
どうせ名も無き線香花火
秋の歌など全て偽りでしょう?
鈴虫よこたえて

この両手で愛しました 百日紅も恥じらうわ夜のヒメゴト
水面に映る花火 ふたりは汚れてないわ
か弱くとも 儚くとも ふたり結ぶ紅い糸が見えませんか?
見せてあげたいわ 螢よこの小指に止まれ

ふと辺りが静まり返ると何故だか恐ろしくなるのです
紫陽花よ そんな眼で浮かれた私を虐めないで

花火が過ぎれば螢は離れて行く 見えなくなる

それも気付かず愛しました 百日紅も恥じらうわ夜のヒメゴト
あなたが鋏を使うことも忘れてました
絡まりそう 絡まりそう 夏は恋のあやとりが苦手らしく、
忘れもしないわ そう、去年の甘い出来事……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ヒメゴト花火 歌手:ジムノペディ

ジムノペディの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:MFCC-0001
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP