試聴する

ままごと初夜

この曲の表示回数 12,976

ふたりの絆と、海へと向かう列車で
さよならの夜を、耳たぶを噛んで始めれば、
月よ、あんまり強く映さないで
薄化粧はまだ自信がないままですわ

乱れてたいとくちづけをねだれば、もう明日も解らなくって
許されない夢に溺れながら、もうあなたばかり欲しくって
吐息だけがルルル、汗ばんでいます

何処で間違えたの?愛に未熟なふたり
「僕は線路の上を走るだけ」と列車が笑うから、
ふたりとも濡れてばかり、
あなたの髪に指を絡めて踊るしかないのだから

見つめてたいと頬に手をよせても、泪で何も見えなくって
愛されたいと泣いてもこれ以上、愛しかたも解らなくって
ままごとだとルルル、静寂も笑う

砂場で遊んだ記憶、幼い胸はどんな夢を見ていたのでしょう?

乱れてたいとくちづけをねだれば、もう明日も解らなくって
許されない夢に溺れながら、もうあなたばかり欲しくって
見つめてたいと頬に手をよせても、泪で何も見えなくって
愛されたいと泣いてもこれ以上、愛しかたも解らなくって
ままごとだとルルル、笑ってしまう

ままごとみたい? ひめごとみたい?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ままごと初夜 歌手:ジムノペディ

ジムノペディの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-03-10
商品番号:GFCC-0003
メガフォースコーポレーション

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP