やわらかな風

この曲の表示回数 5,338
歌手:

鳳山雅姫


作詞:

鳳山雅姫


作曲:

柴草玲


長い夢のように 氷柱が溶けて
知らぬ間に芽吹いてる
そんな毎日
夏には蛍火の下で肩を並べて
笑いあったことも 語り合ったことも
忘れてしまう 悲しいくらい

誰かを愛して 傷つけて
そんなことを繰り返してる 愚かな人々
この体が欲しいなら好きにすればいい
飽きたなら捨てればいい
他の女を 抱けばいいよ

春風集めて 感触を確かめる
きっと そんな事も忘れてしまうけど
今はそれでいい
まだ誰も見えない明日を
夢見ながら流れてくよ

当たり前のように 秋になって
知らぬ間に雪が降る
そんな毎日
時には夕立で濡れた道を歩いて
笑いあったことも 詰りあったことも
忘れてしまう 苦しいほどに

枯れ葉を集めて 感触を確かめる
きっと そんな事も忘れてしまうけど
今はそれでいい
まだ誰も見えない明日を
夢見ながら流れてくよ

季節を束ねて 感触を確かめる
きっと そんな事も忘れてしまうけど
今はそれでいい
まだ誰も知らない明日を
夢見ながら流れてくよ

あなたが置いていった残り香は
多分忘れてしまうけど
形のないこの想いは一生忘れない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:やわらかな風 歌手:鳳山雅姫

鳳山雅姫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-04-24
商品番号:HDCA-10094
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP