赤い靴

この曲の表示回数 5,287
歌手:

鳳山雅姫


作詞:

鳳山雅姫


作曲:

鈴木優子


変わっていくことを
笑わないでいてと望んでた
赤い靴があっても
履く勇気がなければ意味がない

もうずっと前から探していたんだ
ずっと先にあると探していたんだ
もうすでに失ったことに
気づかなかった

踊らさせて 忘れさせて
開いた傷 足の指先の
また酷く また痛みだす
何度も切り落としても

この声がなくなって
うたが歌えなくても 愛してる?
あなたがもし嘘でも
そうだというのならば付いてくよ

私が人より誇れるものを
もうずっと前から考えてたんだ
人よりも優れるものなど
何もないのに

踊らさせて 忘れさせて
雨の水に傷が沁みても
踊らさせて 忘れさせて
白い服が泥で汚れても
そうもっと まだ終われない
何度も転げ落ちても

ここにも そこにも 雨は降る

変わっていくことを
笑わないでいてと望んでた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い靴 歌手:鳳山雅姫

鳳山雅姫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-04-24
商品番号:HDCA-10094
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP