縛られた手足

この曲の表示回数 6,056
歌手:

鳳山雅姫


作詞:

鳳山雅姫


作曲:

鈴木優子


君は星を追ってた
曲がった足で走った
心とは逆に動いてしまう
片方ここに 置き去りのまま

湿った背中の向こう
君は遠くを見てた
「心とは逆に動いてしまう」
あなたは言った 涙が落ちた

唾液に塗れてた体 乾く
お願い最後の言葉は
嘘じゃないと言って

与えられるものならあげてもいい そう全て
左胸がボロボロ
落ちるまで 朽ちるまで
古い絵本のように

あなたは再び家へ
いそいで帰りました
心を絡ませ 残像のこして
あなたは行った 涙が落ちた

いつかはこんな日を笑い合える
そしたらまた読んであげる
このおとぎ話を

縛りたいというなら縛ればいい そう全て
分裂したあなたは
心だけ 体だけ
逃げてしまったのね?

与えられるものならあげてもいい そう全て
体だけというならそれでもいい 奪えばいい
だけど本当は…

こんなに遠いところまで走った 気がつけば
物語はおしまい
心とは 体とは
分からなくなります。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:縛られた手足 歌手:鳳山雅姫

鳳山雅姫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-04-24
商品番号:HDCA-10094
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP