試聴する

いのちの花

この曲の表示回数 5,595
歌手:

一条貫太


作詞:

万城たかし


作曲:

叶弦大


冬の最中(さなか)に 咲く花もある
春に背を向け 散る花もある
故郷(くに)をはなれる その朝に
ふと気がついた ことがある
俺はあいつが 好きなんだ
あいつは俺の いのちの花だよ

未練残すな 振り向くなよと
雪を蹴飛ばし 列車は走る
馬鹿な奴だと ひとりごと
自分を責めて 悔やんでる
俺はいまでも 好きなんだ
汽笛も叫ぶ 愛しているよと

過ぎた昨日は 戻らないけど
きっと今なら また出直せる
待っていてくれ 明日には
始発で故郷(くに)へ 帰るから
俺はやっぱり 好きなんだ
あいつは俺の いのちの花だよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いのちの花 歌手:一条貫太

一条貫太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/11/04
商品番号:CRCN-8364
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP