試聴する

帰郷

この曲の表示回数 7,661
歌手:

舟木一夫


作詞:

横井弘


作曲:

船村徹


波の音がきこえる
海に近いふるさと
ひとり帰る砂丘に
入日雲がせつない
どこへ君はいったの
噂だけを残して
花の下で暮せる
時がきたと云うのに

遠い街に発つ日は
祭り笛も泣いてた
指をはなしきれずに
まわり道をした夜
つれて行けばよかった
どんな無理をしてでも
きっと二人だったら
風も寒くないのに

せめて ひとめ逢いたい
以前(まえ)の君でなくても
頬に落ちる涙を
指でふいてあげたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:帰郷 歌手:舟木一夫

舟木一夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-21
商品番号:COCA-14184
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP