試聴する

ふるさと帰行

この曲の表示回数 1,021
歌手:

千葉一夫


作詞:

竜はじめ


作曲:

花笠薫


入江づたいに 東へ走る
俺が夢見た ふるさと列車
瞼閉じれば ひと駅ごとに
母の 母の
母の笑顔が 浮かんでくるよ
逸(はや)るこころの ふるさと帰行

昔ながらの 途中の駅で
耳になつかし 田舎(ふるさと)なまり
都会暮らしも 幾年(いくとせ)過ぎて
友と 友と
友と遊んだ 幼い頃を
思い出します ふるさと帰行

汽車の窓辺を 夕日が染めて
遠くまたたく ふるさと灯り
秋の祭りも もうすぐ近い
白く 白く
白く並んだ 昇りの旗が
俺を呼んでる ふるさと帰行
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふるさと帰行 歌手:千葉一夫

千葉一夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-01-15
商品番号:KICM-30958
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP