試聴する

黄色い道

この曲の表示回数 8,975
歌手:

ANATAKIKOU


作詞:

北條真規


作曲:

北條真規


ひとまたぎする道の向こうにあの娘が見える
探し物なら忘れる程の六月の雲
通り雨から誘われるまま砂利道、蹴って
橋桁のすみ、しゃがむあの娘の手を捕まえた

黄色の道二人でゆっくりと歩きましょう
ずっとずっと

小雨がにじむ道の匂いが目を潤ませて
回り続ける針を逆さに回して逃げる
梅雨が明けたら触れ合う事の度が過ぎてきて
ゆがむ眉毛を真下に見ては頬よせあって

黄色の道ふたりでゆっくりと歩きましょう
ずっとずっと

まだ降る雨粒が離れるなと落ちてくる
相合傘の夜、緑の傘さして

黄色の道ふたりでゆっくりと歩きましょう
まだ降る雨粒が離れるなと落ちてくる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄色い道 歌手:ANATAKIKOU

ANATAKIKOUの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/07/27
商品番号:VICB-60007
Babestar/ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP