なんて素敵にピカレスク

この曲の表示回数 3,981

この街を仕切ってるマフィアのボス『カポネ』
カポネ・ファミリーは強大で、誰もヤツにお縄はかけられない

オラオラ!死神様のお通りだ。道を開けやがれ!
ボスの命令だ。悪く思うな

「けっ、相変わらず地味に仕事してやがんなランスキー」
「騒がしいと思ったらお前かルチアーノ。品のなさが顔に出てるぞ」
「あ?」
「あ?」
「カポネの手下で凄腕の二人。だが二人は、
ソリが合わないことで有名だった」

ボスがお前をお呼びだ。付いてこい
金にがめついお前をクビにって話じゃねーか
「言ってろ」
クビになるなら騒がしいお前だ
「んだこら」
「ああ?」

「お前ら、今日からコンビで仕事しろ」
「は?」
「こいつと?」
「反論は認めない。ボスへの反逆は即ち死だ。最初の仕事だ、行ってこい」

「殿は任せろ、てめえのケツは守ってやるよ」
「腕は確かなんだがな。その口の悪さどうにかしろ」

「ずいぶんマシになったじゃねえか」
「まだお前の方が上手い」
「当たり前だっつの。本気(マジ)だからな」
「本気のお前を追い抜く」
「こっちのセリフだ馬鹿野郎」

「カポネをトるのに…邪魔だな。あのコンビ。
首を洗って待ってろ、カポネ」
「やれやれ。俺は穏やかに暮らしたいんだがな」

僕はベンジャミン。生まれつき体が弱くて、ベッドの上から降りられない
ランスキーの野郎、俺様に弟のお守りだと?
兄ちゃんがここに人連れてきたの初めてだ
「ああん?」
「よほどルチアーノさんのことを信じてるんだね」
「あいつに言うんじゃねーぞ。…俺もだ」

「忘れるな。お前の仕事は警察からのスパイだ」
「分かってる」
「弟の手術成功するといいな。お前次第だろうが」
「弟には手を出さない約束だ」
「ルチアーノを殺れ。ヤツは邪魔だ」
「は?」

「ルチアーノさん、兄ちゃんのことよろしくね!」
「あぁ、任せろ」
「忘れるな。お前はただの駒だ。そして俺はカポネをトる」

「俺、舞台が楽しい。セリフがあるとかないとかじゃない。
みんなといる舞台だからだ。俺は、秋組の七尾太一だ!」
「那智、お前の夢みた場所からは、最高の景色が見えるぞ。
見守っててくれ。俺は、板の上で精一杯生きる!」

「ルチアーノ、上っ面だけ見るなと言っただろう。
お前たちはお互いの本当をまだ見ていない」

「幸夫さん。恩返しのつもりが、結局今も、もらっています。
いつか必ずお返しします。あんたにもらった、この夢の先で」

「兄ちゃん、ルチアーノさんを助けに行って」
「お前どうしてそれを」
「弟なめんなよ。兄弟だろ、顔で分かる」
「…」
友を裏切るな。兄ちゃんが僕に教えてくれたことだよ
「しかし俺は‥」
「僕は兄ちゃんの弟だから、病気なんかに負けないよ」
「僕のために、僕は僕で生きるから」
「さすが、俺の弟だ」

「結局てめぇなんだな、俺をアツくさせんのは」

「行くぞ。俺とお前なら怖いもん無え」

「何しやがる」
「知ってるか?手錠はめられる気分ってのは」
「ああ、ありゃ最悪だ。ご愁傷様」

「ランスキーとルチアーノが逃げました」
「で、手土産にこいつってわけか」
「俺は警察だ。俺に手を出すとどうなるか分かってるのか?」
「知らねえよ。俺は悪党だからな」

「いなくなりやがったか。気に入ってたんだがなあの二人。
まあしょうがねえ。あいつらを結びつけたのは俺だしな」

これからどうする?
あいつの為に金がいるだろ。用心棒でもするか?
それか、スパイとかな。儲かるぜ
おいおい、懲りねえやつだな。まあ、なんでもいいや。なんでも屋にすっか
大雑把過ぎる。だが、楽しそうだ

悪党たちのララバイ 腐った世界でも
信じられる
やつに 出会っちまったぜ
背中は預けてやるから
お前は前だけ見てろ
気に入らねえがお前は
俺が認めたライバル
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:なんて素敵にピカレスク 歌手:秋組 他

秋組 他の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-04-24
商品番号:PCCG-1777
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP