試聴する

恋衣

この曲の表示回数 18,540
歌手:

林部智史


作詞:

阿木燿子


作曲:

来生たかお


ふと目を窓にやれば
花水木の葉が揺れてる

いつでもあなただけを
見つめてたい僕なのに不覚だね

幼いという文字の斜めの一筆
ためらい傷のように隠せば幻

恋をして 素顔のあなた
守らなきゃ そう思う
恋衣 身に纏うたび
透き通る 白い肌

まだ目を覚まさないで
僕が描く絵心のない似顔

儚いという字にも人と夢が棲む
ならば恐くはないさ すべて越えてゆく

恋ゆえに あなたの笑みは
薄紅の花霞
恋心 日毎に募り
指で梳く 長い髪

恋焦がれ やっと逢えても
大粒の砂時計
恋衣 そっと脱ぐ日は
痛いほど 抱き締める

恋をして 虹を見た朝
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋衣 歌手:林部智史

林部智史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-20
商品番号:AVCD-94119
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP