岸壁の母~浪曲入り~

この曲の表示回数 4,280

昭和二十五年一月の半ばもやがて過ぎる頃
雪と氷に閉ざされたソ連の港ナホトカから
祖国の為に命をかけた同胞を乗せ
第一次引揚船高砂丸が還ってくるッ
父が夫が兄弟が舞鶴の港に還って来る
日本中の神経はこの港にそそがれた
狂わんばかりの喜びはルツボの様に沸き返った。

母は来ました 今日も来た
この岸壁に 今日も来た
とどかぬ願いと 知りながら
もしやもしやに もしやもしやに
ひかされて

ああその夢があればこそ
引揚船の着く度に
この舞鶴へ来るのです
なのにあの子は還らない
と言てどうして忘らりょう
姿の見えぬ岸壁に
涙こらえてとぼとぼと
すがった枝を筆にして
わが子よ端野新二よと
泣いて書いたも幾度か

呼んで下さい おがみます
ああ おっ母さんよく来たと
海山千里と言うけれど
なんで遠かろ なんで遠かろ
母と子に

悲願十年 この祈り
神様だけが 知っている
流れる雲より 風より
つらいさだめの つらいさだめの
杖ひとつ

ああ風よ、心あらば伝えてよ。
愛し子待ちて今日も又、
怒涛砕くる岸壁に立つ母の姿を…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:岸壁の母~浪曲入り~ 歌手:石川さゆり

石川さゆりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-12-20
商品番号:TECE-30205
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP