捨て猫

門倉有希

捨て猫

作詞:荒木とよひさ
作曲:浜圭介
発売日:2008/06/25
この曲の表示回数:11,593回

捨て猫
あれは どしゃぶりの 夜だった
着の身 着のまま 家を捨て
上りの列車に とび乗って
車窓(まど)に頬つけ 泣いていた
そして あんたの アパートに
ころがりこんで 春ふたつ
ひとつの毛布に くるまれば
怖いぐらいに 暖ったかだった

どこへ行ったの あんたはどこへ
三日三晩も 泣いたけど
どこへ行ったの あんたはどこへ
捨て猫みたいに 淋しいよ

あれは縁日の 晩(よる)だった
洗いざらしのシャツを着て
おもちゃの指輪を左手に
子供みたいに はしゃいでた
そんな幸福(しあわせ) おままごと
数えてみても 夏ふたつ
いまでは ひとりの部屋の中
雨がポツリと 降りだしてきた

どこへ行ったの あんたはどこへ
嫌いになっちゃ いないから
どこへ行ったの あんたはどこへ
捨て猫みたいに 淋しいよ
どこへ行ったの あんたはどこへ
三日三晩も 泣いたけど
どこへ行ったの あんたはどこへ
捨て猫みたいに 淋しいよ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム