酔花火

この曲の表示回数 1,509
歌手:

真咲よう子


作詞:

坂口照幸


作曲:

大谷明裕


行ってはいやです もうあなた
うしろ手で引く  花障子
抱かせて下さい 女から
火の川伝(づた)いの この恋を
吐息めらして 超えるたび
女 彩(いろ)どる 酔花火

男が光りを 失すのは
いいも悪いも 女から
いつでも祈って いるのです
あなたの一生 誰よりも
華であってと 心から
女 ひと夜の 酔花火

そこまであなたを 送らせて
着物ひと色 落としましょう
生きられますとも 負けないで
男と女の 背負い水
そうよこの手に 受けとめて
女 ひとすじ 酔花火
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔花火 歌手:真咲よう子

真咲よう子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-12-17
商品番号:CRCN-45518
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP