酔待草

この曲の表示回数 2,651
歌手:

岸田敏志


作詞:

竜真知子


作曲:

岸田智史


そんなこともあったわねって
笑いながらワインをもう一杯
赤と白のあいだのロゼのものたりなさは
いくじなしすぎた あの日のあなたと私

愛を確かめきれずに
愛に踏みきれずに
失くしてしまった 一番いい時代

もっと冷やして グラス
もっと酔わせて ワイン
失くしてしまった 一番いい時代

若すぎたと言い訳しても
胸に居座る ひと雫の若さ
ひとりひとり選んだ それぞれの幸せが
滲んでかすれて 二人を無口にさせる

いつも迷ってばかり
いつもくやんでばかり
失くしてしまった 一番いい時代

どこにいたの あなた
どこにいたの 私
失くしてしまった 一番いい時代

愛を確かめきれずに
愛に踏みきれずに
失くしてしまった 一番いい時代

もっと冷やして グラス
もっと酔わせて ワイン
失くしてしまった 一番いい時代
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔待草 歌手:岸田敏志

岸田敏志の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-08
商品番号:SRCL-3137
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP