試聴する

きみの朝

この曲の表示回数 38,543
歌手:

岸田敏志


作詞:

岡本おさみ


作曲:

岸田智史


横たわるきみの顔に 朝の光が射している
過去の重さを洗おうとして たどりついた深い眠りよ

別れようとする魂と 出会おうとする魂と
あゝ心より躯のほうが 確かめられるというのか

モーニング モーニング きみの朝だよ
モーニング モーニング きみの朝だよ

急ぎ足ふととめて ふりかえれば夕焼けが
この先いくら生きて行くのか こんな暮らし 仮の姿と

生まれようとする魂と 老いぼれてゆく魂と
あゝ人間のはしくれに 生まれてきたというのに

モーニング モーニング きみの朝だよ
モーニング モーニング きみの朝だよ

群衆をのみこんだ 都会の悲しみの渦の中に
コーヒー一杯分のやさしさを そそぎこむぼくの唄よ

かわろうとする魂と よどんでしまう魂と
あゝ躯じゅう輝きながら 旅立ってゆけ 朝に

モーニング モーニング きみの朝だよ
モーニング モーニング きみの朝だよ

モーニング モーニング きみの朝だよ
モーニング モーニング きみの朝だよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:きみの朝 歌手:岸田敏志

岸田敏志の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:SRCL-4337
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP