重いつばさ

この曲の表示回数 23,687
歌手:

岸田敏志


作詞:

川崎洋


作曲:

岸田智史


いらない もういらない
ことばだけの やさしさは
悲しみにぬれて つばさは重い重いけれど
おとなしい 羊の群れから
飛び出したいのだ
うつむいた 仲間と別れて 走りたいのだ
たとえ終りが あってもいい
そこに始まりが 宿っているならば

いらない もういらない
ことばだけの 愛なんて
むなしさにぬれて つばさは重い 重いけれど
流れない時間の岸から
羽ばたきたいのだ
吹きすさぶ あらしのなかで 歌いたいのだ
たとえ 痛みが あってもいい
そこに 生きてる あかしがあるならば

どうしようもない きのうを 持ってしまったが
どうにかできる あしたがあしたがあるさ
どうにもできない 傷を 背負ってしまったが
どうにかできる あしたがあしたがあるさ

どうしようもない きのうを 持ってしまったが
どうにかできる あしたがあしたがあるさ
どうにもできない 傷を 背負ってしまったが
どうにかできる あしたがあしたがあるさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:重いつばさ 歌手:岸田敏志

岸田敏志の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:SRCL-4337
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP