男の街道

この曲の表示回数 7,714
歌手:

島津亜矢


作詞:

星野哲郎


作曲:

安藤実親


富士のお山を 枕に当てて
足をのばせば 御前崎
月を抱きしめ 寝返りうてば
遠くきこえる 遠州灘の
波が波が男の 子守唄

義理が通れば 情けがよける
よける情けに 用はない
人を束ねる 次郎長よりも
八方破れの 石松気質
馬鹿が馬鹿が俺らの 旗印

夜討ち朝駆け 命もかけて
やると決めたら どこまでも
通いつづけて 九十九日
冬に花咲く あの山茶花の
紅の紅の意気地が 俺の色
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男の街道 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-23
商品番号:TECE-30172
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP