試聴する

something blue

この曲の表示回数 2,024

与えてその本棚から
飽きるまで君読み解くから
分かりたいのは君だけなのに

砂にまみれた手そのままで触れて
濡れたからだそのままで抱いて
違和感重ね
痛みさえ喜びと名付けてしまえ
二人の規則 則る
より一層深く
引き返せないようなところまで行く
振り返らずに君と二人で

与えてその本棚から
飽きるまで君読み解くから
分かりたいのは君だけだったのに あぁ
何度も消すともしび
私だけに見せるストーリー
一人生きれば道が出来
誰かと出会い 増える願い
おとなしいまま愛せない

与えてその本棚から
飽きるまで君読み解くから
分かりたいのは君だけだったのに
秘密で身につけたブルー
永遠などないと知る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:something blue 歌手:泉まくら

泉まくらの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/07/24
商品番号:XQND-1012
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP