試聴する

エンドロール

この曲の表示回数 2,352
歌手:

泉まくら


作詞:

泉まくら


作曲:

泉まくら


少し落ちた視力に 君はなんと綺麗に映る
曖昧な点だって潤んで さらう この心を何度でも
あみだくじみたくなぞる フローリングの溝
君はいつも向こう岸 涙溢れそうな心の淵
腰掛けて くゆらす溜め息
満ち引き忙しない自信
ケツはたいて帰路
蹴った小石は自販機の下 出てこない
君の心の様
ぶってやりたいよ あの日の僕を

そのエンドロールに
僕の名前見つけて
やっと よかったって言えた
大きく手を振れば
触れるよりもずっと胸が震えて
自分の場所を分かった気がした

灯せば消える100パー
溶けた蝋にまで見とれた
いつまでもこうしていられそうで
途方も無いよ
遮るものない対象に
近づけないのは何故
これさえあればって思い出まで
かっさらってった夏の強い風
あぁ さよならなんて言葉だけ
あんなの嘘なのに
思い知るまでが恋

そのエンドロールに
僕の名前見つけて
やっと よかったって言えた
大きく手を振れば
触れるよりもずっと胸が震えて
自分の場所を分かった気がした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エンドロール 歌手:泉まくら

泉まくらの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-11-07
商品番号:sna-49
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP