愛の始発

この曲の表示回数 4,881
歌手:

大月みやこ


作詞:

池田充男


作曲:

伊藤雪彦


いつの日か幸福の 鞄(かばん)をさげて
ふるさとへ帰る夢 わたしは見てた
夜の服さえ 着なれて一年
酒場の川を 流れて二年
そして今私は 素顔のきれいな 女になって
あなたと揺られる 愛の始発よ

恋をした傷あとの 一つや二つ
誰にでもあるんだと あなたは言った
いつか暮らしも 荒れてた三年
強がりだけで 生きてた五年
そして今私は すべてを預けて
肩寄せ合って
あなたと揺られる 愛の始発よ

よろこびに泣くために
今日までわたし
ひと粒の涙さえ こぼさなかった
辛い人生 歩いて七年
春 夏 秋の 季節も知らず
そして今私は 鴎がむかえる
海辺の町へ
あなたと揺られる 愛の始発よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛の始発 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-02-21
商品番号:KICX-1
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP