女の港

大月みやこ

女の港

作詞:星野哲郎
作曲:船村徹
発売日:2009/09/09
この曲の表示回数:127,389回

歴代! 歴代!
女の港
口紅(くちべに)が 濃(こ)すぎたかしら
着物にすれば よかったかしら
二ヶ月(ふたつき)前に 函館で
はぐれた人を 長崎へ
追えば一夜(ひとよ)が 死ぬほど長い
私は港の 通(か)よい妻

信じても ひとりになると
ぷつんと切れる ふたりの絆(きずな)
たしかめあった 横浜の
桟橋(さんばし)はなれ 塩釜(しおがま)へ
向うあなたが もう気にかかる
いつまでたっても 恋女(こいおんな)

海猫の 声ききながら
港の宿で あなたを待てば
たずねる船は 青森にゃ
寄らずに 佐渡へ行くという
つらい知らせは 馴れっこだから
夜汽車でマフラー 編(あ)むのです

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 4:15

  1. 悪女

    中島みゆき

  2. 金魚をすくう

    松崎ナオ

  3. ココロのオト

    松崎ナオ

  4. tears

    Blue

  5. 瞳にもたれて

    寺田恵子

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成