試聴する

鍵穴と迷路

この曲の表示回数 3,392
歌手:

ZABADAK


作詞:

小峰公子


作曲:

吉良知彦


扉を閉ざしても 流れ込む夜の音
這い上がる 足元浸して
心に空いてた スキマに入り込んでざわめく
鍵さえ合わずに 抜け落ちた

信じたものさえわからない
何にも見えない
泣いてることさえ気付かないなんて
どこか違う みんな知っているさ
迷うため生きてる

世界はゆっくりと何かをため込んでく
ため息つくたび 重くなる

何故に想いだけ残して
光は消えてく
帰る家さえも探せないなんて
何か違う だけど知っているさ
からっぽの中を

朝へ続かない夜
ほどけないままの夢
一人きりの影
歪む迷路の中で

信じたものさえわからない
何にも見えない
泣いてることさえ気付かないなんて
どこか違う みんな知っているさ
迷うため生きてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鍵穴と迷路 歌手:ZABADAK

ZABADAKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-09-11
商品番号:PSCR-5527
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP