試聴する

明治一代女

この曲の表示回数 2,346

浮いた浮いたと浜町河岸に
浮かれ柳のはずかしや
人目しのんで小舟を出せば
すねた夜風が邪魔をする

怨みますまいこの世の事は
仕掛け花火に似た命
もえて散る間に舞台が変わる
まして女はなおさらに

意地も人情も浮世にゃ勝てぬ
みんなはかない水の泡沫(あわ)
泣いちゃならぬと言いつつ泣いて
月にくずれる影法師
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:明治一代女 歌手:多岐川舞子

多岐川舞子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-12-21
商品番号:COCA-13072
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP