お吉ざんげ

天津羽衣

お吉ざんげ

作詞:藤田まさと
作曲:伏見龍二
発売日:2000/08/23
この曲の表示回数:9,035回

お吉ざんげ
国のためだと 騙されました
こんなお吉に なりました
銀鋲緞子(ぎんびょうどんす)の 飾り駕籠
死ぬ気で通った 玉泉寺(ぎょくせんじ)
惨(みじ)めな 惨めな女に なりました

「みんないつの間にか居なくなってしまった。
わたしひとり生きてるなんて、まるでボロ布れだけが
残って入るようなもんだよ。もう、なにも言いっこなしさ。
女の過去なんて、明日になりゃ消えてしまう……
わたしなんか、その明日さえないんだからねぇ………」

赤い椿が ぽとりと落ちた
花の運命(さだめ)の はかなさは
わたしの鏡が 知っている
十八 十九の おもいでを
返して 返しておくれよ もう一度

「世の中信じられなくなったら、なにもかもおしまいだよねぇ………
もう、泣くのも飽いた。生きるのも飽いた。生まれて育って
死んでく街……下田のお月さん、お願いだから二度と
「お吉」のような女は生まないで下さいよねぇ……」

下田港の厄介ものと
陰で嗤(わら)われ 罵(のの)しられ
どうすりゃいいのさ この先は
わたしの心の かくれ場所
教えて 教えて下さい お月さま

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません