月に吠える男

この曲の表示回数 4,891

月に吠えても やっぱり淋しい
強い男も 一人になれば
夜にかくれて泣くものさ
涙…… 涙…… 涙の熱さ
俺は始めて しみじみ知った

星を見つめりゃ どうして淋しい
こんな男を 愛しむように
いつでも夜空で見ている眼よ
女…… 女…… 女の愛情
遠く別れて しみじみ知った

風に吹かれて 歩けば淋しい
黒い自分の 影にもおびえ
一人さまよう夜の街
心…… 心…… 心のシミは
消すに消せぬと しみじみ知った
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月に吠える男 歌手:赤木圭一郎

赤木圭一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-01-22
商品番号:UICZ-6006
ユニバーサル インターナショナル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP