風・灯・女

赤木圭一郎

風・灯・女

作詞:熊井啓
作曲:小杉太一郎
発売日:2003/01/22
この曲の表示回数:8,407回

風・灯・女
俺の口から もれるのは
いつも淋しい 唄ばかり
冷たい肌の 女だが
暖かかった あの心
呼んでみたって 呼んでみたって
遠い人だよ
想い出すのは 止めようぜ

たった一つの 胸の灯が
消えて淋しい 夜の町
今ごろどんな 他人の手に
すがって生きて いるだろか
呼んでみたって 呼んでみたって
遠い人だよ
想い出すのは やめようぜ

散ってしまった 落葉なら
風に消されて 行くだけか
昔の傷に ふれないで
しずかに そっとしてやろう
呼んでみたって 呼んでみたって
遠い人だよ
思い出すのは 止めようぜ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません