風・灯・女

この曲の表示回数 4,794
歌手:

赤木圭一郎


作詞:

熊井啓


作曲:

小杉太一郎


俺の口から もれるのは
いつも淋しい 唄ばかり
冷たい肌の 女だが
暖かかった あの心
呼んでみたって 呼んでみたって
遠い人だよ
想い出すのは 止めようぜ

たった一つの 胸の灯が
消えて淋しい 夜の町
今ごろどんな 他人の手に
すがって生きて いるだろか
呼んでみたって 呼んでみたって
遠い人だよ
想い出すのは やめようぜ

散ってしまった 落葉なら
風に消されて 行くだけか
昔の傷に ふれないで
しずかに そっとしてやろう
呼んでみたって 呼んでみたって
遠い人だよ
思い出すのは 止めようぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風・灯・女 歌手:赤木圭一郎

赤木圭一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-01-22
商品番号:UICZ-6006
ユニバーサル インターナショナル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP