霧笛が俺を呼んでいる

この曲の表示回数 57,317
歌手:

赤木圭一郎


作詞:

水木かおる


作曲:

藤原秀行


霧の波止場に 帰って来たが
待っていたのは 悲しいうわさ
波がさらった 港の夢を
むせび泣くよに 岬のはずれ
霧笛が俺を 呼んでいる

錆びた錨に からんで咲いた
浜の夕顔 いとしい笑顔
きっと生きてる 何処かの町で
さがしあぐねて 渚にたてば
霧笛が俺を 呼んでいる

船の灯りに 背中を向けて
沖をみつめる 淋しいかもめ
海で育った 船乗りならば
海へ帰れと せかせるように
霧笛が俺を 呼んでいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:霧笛が俺を呼んでいる 歌手:赤木圭一郎

赤木圭一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-01
商品番号:POCH-1285
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP